社交不安障害は不安障害の分類の一つ!48個の質問で症状を診断!

「社交不安障害」とは、社会的状況や行為に対して異常なほどの恐怖を感じて、苦痛を伴う身体症状が現れて社会生活に支障をきたしてしまう病気であり、「パニック障害」や「全般性不安障害」などと並んで分類される「不安障害」の一つです。

現在の日本では、病名や病気の症状についての認知が低く、その状態の原因を「自分の性格の問題」と思って、治療を受けていない方が多くみられます。

社交不安障害とはどのような特徴をもつ病気であるか、本人も周囲の人も知っておきたい基本的な情報を説明します。

社会不安障害との違いとは?社交不安障害は珍しくない!

社会不安障害との違いとは?

日本では2008年まで、英語名の「SocialAnxietyDisorder」を直訳した「社会不安障害」と呼称されていましたが、「社会不安」という言葉に誤解が生じやすいため、症状の実態に近い「社交不安障害」に名称が変更されています。また、英語名の頭文字をとって「SAD」と呼ばれています。

社交不安障害は珍しくない!

症状の程度の差はありますが、7人に1人の割合で一生のうちに一度は社交不安障害になるという統計結果がり、決して珍しい病気ではありません。10代半ばや30代での発症が多く見られ、男女の発症頻度の差は確認されていません。

社交不安障害の症状とは?症状が悪循環を生んでいる!

社交不安障害の症状とは?

社交不安障害の主訴は、「自己に対する他者の評価」への不安や恐怖感などの心理的症状ですが、実際に社会生活に支障をきたしているのは、不安や恐怖感に伴って現れる様々な身体症状です。

症状が悪循環を生んでいる!

主な身体症状は、「赤面」、「震え」、「発汗」、「動悸」、「眩暈」などですが、どのように症状が現れるかには個人差がみられます。

このような症状を意識し出すと、「また症状が出てしまう」、「恥をかいてしまう」などと不安や恐怖感を覚えてしまいます。そのため、特定の状況や場面への苦手意識が強まり、ますます不安や恐怖感をあおってしまう悪循環に陥ってしまい、症状を悪化させてしまいます。

問診や検査で診断する!48個の質問で3段階の評価!

問診や検査で診断する!

人前に出るのが怖かったり赤面しても、それが社交不安障害であるかは、症状の程度を専門医(精神科、心療内科)の問診や検査によって診断を受ける必要があります。

社会不安障害の検査には、「LSAS-J」という心理検査が用いられています。LSAS-Jとは米国精神医学会で開発された「LSAS(LiebowitzSocialAnxietyScale)」という社会不安障害に対する心理検査の日本語版です。

48個の質問で3段階の評価!

LSAS-Jは、「恐怖感/不安感」と「回避の割合」それぞれ24個(質問総数48問)の質問に対して、過去1週間」についてどの程度であったかを、0~3点の4段階で評価します。144点満点で、点数が高いほど症状が重いことになり、一般的には30点以上だと社会不安障害が疑われます。

また、重症度の判定としても有用であり、治療過程での治癒度合の判定にも用いられています。

    <恐怖感/不安感の評価基準>

  • 0点:全く感じない
  • 1点:少しは感じる
  • 2点:はっきりと感じる
  • 3点:非常に強く感じる
    <回避の割合の評価基準>

  • 0点:全く回避しない
  • 1点:回避する(1/3以下)
  • 2点:回避する(1/2程度)
  • 3点:回避する(2/3以上または100%)
    <評価点のガイドライン>

  • 30点以上:軽症の社会不安障害が疑われる
  • 50点以上:中等症の社会不安障害が疑われる
  • 95点以上:重症の社会不安障害が疑われる

薬物療法の期待効果とは?効果を持続する精神療法!

最近まで社交不安障害は、「生まれついての性格」と諦めてしまうため、「治療できる病気」とは認識されていませんでした。しかし、2005年に実施された調査では、薬物治療による効果が確認されており、実は比較的治りやすい病気との認識が広まっています。

社交不安障害の治療には、「薬物療法」と「認知行動療法」の併用に効果が認められています。

薬物療法の期待効果とは?

社会不安障害の原因については、明確に解明されていませんが、脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリン、セロトニン、ドパミンの関与などが疑われています。

そのため、薬物療法では、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)という抗うつ薬が使われ、脳内のセロトニンという神経伝達物質に作用することで、セロトニンのバランスを保ち、不安や緊張の発生を抑制する効果が期待されています。

効果を持続する精神療法!

薬物療法と併せて精神療法の一つ「認知行動療法」も用いられています。

認知行動療法は、「病気と治療法についての理解を深める心理教育」、「コミュニケーションにおける考え方(認知の歪み)への働きかけ」、「実際に不安な状況での行動(トライアル)」など、徐々にその状況に慣れて自信をつけていくという心理的治療を行います。

治療によって、特手の状況での強い身体症状、不安や恐怖が軽減されてきます。それによって、徐々にそれまで苦手としていた状況への対処ができるようになって、自信と行動パターンが身に付き、薬の服用をやめた後も不安の軽減の持続が期待できます。

他の病気との合併の危険が高い!早期治療が重要!

社交不安障害は、精神的な疾患であり、治療可能な疾患であるということを理解することが重要です。

社交不安障害は、他の病気との合併が多い病気でもあり、治療しない状態を続けていると、うつ病やアルコール依存症などの併発や就業や経済的問題、対人問題による孤独化など社会生活に支障をきたしてしまいます。

そのため、社交不安障害を疑ったら早期に心療内科や精神科の専門医を受診して早期に治療を始めることが大切です。

まとめ

人までの上りや緊張などは、程度の差があれ誰にでも見られる現象なため、治療を必要とするものかを独自で判断することは大変困難です。そのため、海外の調査では社交不安障害の2/3の方が、病院を受診していないとの結果があり、治療の機会を自ら逃している状況がみられます。

受診することに恥ずかしさからのためらいも予想されますが、行動を起こさなくては現状の苦しさから克服できません。受診すること自体が治療のスタートラインと捉え、早めに専門家に相談しましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ