定年退職後の私でもうつを克服できた方法とは? 66歳 Iさん

user1シニア世代のうつ病も増えていますが、最近、問題になっているのが定年退職うつ病と呼ばれるものです。

これまで会社一筋で、何十年も勤め上げてきた会社を定年退職した後、毎日何をして過ごしたら良いのか分からず、会社時代の人間関係を離れて人付き合いもほとんどなくなり、次第に抑うつ状態になってしまう方が少なくありません。

定年退職後にうつ

60代男性のうつ病体験談を紹介します。

66歳のIさんは、65歳定年制の会社を定年まで勤め上げて昨年、退職し、年金生活者になりました。厚生年金で夫婦二人の生活ですので、ぜいたくをしなければ、老後の生活に困ることはありません。Iさん自身、健康状態に問題はなく、医療費がかかるということもありませんでした。

奥さんが持病で

ただ、奥さんは持病があり、天候が悪い日が続くと、寝たり起きたりという生活をしていました。

奥さんに付き添って出かけた総合病院の待合室で、奥さんが検査を受けている間、自分と年代が変わらない、多くの高齢の患者さんや家族を見ているうちにいろいろ考えるようになりました。

Iさんの不安

「今は自分が健康だから、妻の付き添いで病院に来ているが、あと10年経った時、妻に先立たれるようなことがあったら、自分一人で身寄りのない状態になってしまう」とか、

「自分の世話は誰がしてくれるのだろうか」とか、「もし寝たきりになる」とか、

「認知症になったら、自分一人でどうすればよいのか」など、
これからの老後に対する不安な気持ちが強くなってきました。

住む家と年金収入はあっても生活出来る状態でなければ、高齢者施設に入ることを検討するかも知れないと思ったら、もう一度、老後資金のために仕事をした方が良いのかと一人で悩み始めました。

老後の不安からうつに

Iさんのように定年退職後に老後の不安からうつ状態を体験する方もいらっしゃいます

その後、Iさんは定期的に認知行動療法を活かしたカウンセリングを体験されて、物事の捉え方や考え方を見直したところ、徐々に明るさを取り戻し、自分から地域のボランティア活動に参加し始め、地域の高齢者介護や福祉の情報を知ることで安心を得たそうです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ