会社の配置転換でうつ病になりました。 女性 OL 28歳 亜紀子さん

うつ最近、患者が増加しているうつ病ですが、20代~30代の若い女性に増えているのが非定型うつ病で、楽しいときには元気になりますが、気分が落ち込むときには死にたくなるほど辛く、傷つきやすくなるという症状が見られます。

20代女性会社員の非定型うつ病を克服した体験談を紹介します。
28歳の亜紀子さん(仮名)です。亜紀子さんは大学卒業後、システムエンジニアとして中堅規模の会社に勤務していました。

急に営業職に配置転換がきっかけで

私はシステムエンジニアが好きな仕事でしたし、責任ある仕事を任せられるようになり張り切っていましたが、2年前に会社の業務編成の都合で、これまで体験したことがない営業職に配置転換されました

慣れないながらも営業の仕事に取り組みましたが、3ヶ月位経った頃から身体をだるく感じるようになり、朝起きるのが辛くなってきました。

会社を休んで、昼過ぎまで眠ってしまう日も度々でした。そして、不安な気持ちを紛らわせるように過食気味になり、クッキーやチョコレート、菓子パンなどをたくさん食べるようになったため体重が4kg以上増えました。

近くの両親に怒りをぶつけ

幸い、ご両親が近くに住んであったので、心配して様子を見に来られるのです。ですが、自分で状況を克服できない状態に苛立ちがあり、ご両親に怒りをぶつけたり、攻撃的な態度を取ったりしました。そして、そのうち夕方、突然電話してきたかと思うと「もう死にたい!」と訴えるような叫び声を上げるということが何度も起こりました。

さすがにご両親も自分達では手に負えないと抵抗感はありましたが、心療内科クリニックを受診するように勧められ一緒に受診しました。

投薬治療が始まって

専門医からうつ病と診断され、病気を克服しようと投薬治療を開始しました。症状は一進一退で気分が極端に落ち込んだ時はリストカットをしたり、一時は大量に抗うつ剤を服薬して救急車で運ばれたりする事態もありました。しかし、徐々に症状が安定し始め、1年を過ぎて普通の生活が出来るまで回復しました。

現在は別の小さな会社に勤務し、好きなシステムエンジニアの仕事に就いています。私はうつ病体験を機に規則正しい生活リズムを心掛けるようになりました。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ