不安障害の症状とは?生活に支障がでる大変なものなのです

不安障害の症状とは不安や恐怖の感情が異常なまでに高まってしまい精神的な疾患として現れてしまいます。その症状の出方は過剰なまでに不安であったり、恐怖を感じるので通常の生活に支障をきたす状況となってしまうのです。

不安障害の症状としては、いくつかの疾患があり種類によって症状もまた違うのです。不安障害の疾患別に症状がどのようなものなのか調べてみましたので参考にして下さい。

不安障害の症状とは?不安、恐怖から生活に支障がある

不安障害の症状とはどのようなものがあるのでしょうか?不安障害の症状とはいくつかの種類があるので参考に見ていきます。

不安障害とは?

不安障害といった場合には過剰な不安や恐怖などによって苦しむようになり、その事が生活に支障をきたすような疾患全般の総称として使われています。

不安とは?

不安とは漠然としていて特定の対象は無いのですが、恐れの感情がある状態の事を指します。

恐怖とは?

恐怖とははっきりとした特定できる外的な対象があり、それに対する恐れの感情がある場合を指します。

どのような疾患があるの?

具体的には次のような疾患が不安障害と呼ばれています。

    <不安障害の疾患>

  • パニック障害
  • 社会不安障害
  • 全般性不安障害
  • 閉所恐怖症、高所恐怖症

不安障害の症状とは?疾患によって違います

不安障害にはいくつかの種類があるのですが、その症状は疾患によって違いがあるのです。疾患別の症状は具体的には次の通りとなります。

パニック障害の症状は?

パニック障害の場合の症状は不安が高まるような状況において発症しやすく主に自律神経症状が生じるのです。具体的な症状としてはめまい、動悸、呼吸が苦しくなったり、胸が痛くなったりします。また発汗や震えなど伴う事も多くあります。

酷くなってくると恐怖から意識を失ってしまったり、この症状のまま死んでしまうのでは無いかという恐怖が生じてしまいます。重症となるとパニック発作が起きるかもしれないという恐怖から一切外出する事すら出来なくなってしまうのです。

社会不安障害とは?

社会不安障害とは人前で発表しなくてはいけなかったり、目上の人との対応、人前での食事や会話など他人から注目をあびるかもしれないような状況下において恥をかくかもしれないという事に強く恐れを抱いてしまう障害なのです。

重症化すると人と会うのが怖くなり、やはり自宅から外出出来なくなってしまうのです。

全般性不安障害とは?

全般性不安障害とは過剰なまでの不安が長期間続く疾患で心配性と勘違いされやすいのですが、心配性の場合は生活への支障はありませんが、全般性不安障害の場合には過剰な不安から眠れなくなったり、仕事が出来なくなったりと生活に支障をきたしてしまうのです。

恐怖症とは?

恐怖症とは限局性恐怖症とも言い特定の対象や状況においてのみ過剰に恐怖を感じてしまう疾患なのです。この恐怖症に非常に多くの種類があるですが、代表的なものを例として挙げておきます。

    <恐怖症の具体的症例>

  • 高い場所で過剰な恐怖を感じる高所恐怖症
  • 狭い場所で過剰な恐怖を感じる閉所恐怖症
  • 自分や他人の嘔吐に過剰な恐怖を感じる嘔吐恐怖症
  • 鋭いもの、尖ったものに過剰な恐怖を感じる先端恐怖症
  • 人に対して過剰な恐怖を感じる対人恐怖症
  • 男性や女性に対して過剰な恐怖を感じる男性、女性恐怖症
  • 特定の動物に対して過剰な恐怖を感じる動物恐怖症
  • ブツブツに対して過剰な恐怖を感じる集合体恐怖症

不安障害となってしまう原因は?性格、ストレス、体験です

不安障害になってしまうのは何故なのでしょうか?不安障害となる要因としては主に次のようなものが挙げられます。

    <不安障害の要因>

  • 性格的なもの
  • ストレス
  • 過去に受けた大きな不安、恐怖を感じた体験
  • 遺伝

不安障害のチェックは?2週間生活に支障があれば可能性あり

自分が不安障害なのかどうか気になる場合にはどのようなチェク方法があるのかを知っておくといざという時に迷わなくていいので参考までに挙げていきます。

次の2つがある場合は?

日々の生活で不安、恐怖によって苦しい思いをしている場合や不安、恐怖によって生活に支障をきたしている場合という2つを満たしているような場合は不安障害の可能性が大となります。

このような状況が2週間以上も続くようであれば精神科への受診が必要となりますので相談するようにして下さい。

不安障害の治療方法は?大事なのは生活習慣の改善です

不安障害になってしまった場合にはどのようなものがあるのでしょうか?治療方法は疾患の種類によって細かくは異なりますが、ここでは不安障害に対する代表的な治療方法を紹介致します。

薬物療法は?

不安障害の治療の為の薬物療法としては、抗うつ剤、抗不安薬、漢方薬などがあります。抗うつ剤はセロトニンを増やす作用があり不安の改善に効果があります。抗不安薬は即効性があるのが利点ですが、依存性が高いので安易な服用は気をつける必要があります。漢方薬についてはどちらかと言うとゆっくりと治していくのに向いています。

大事な事は?

不安障害の治療方法として実は大事な事は、生活習慣の改善なのです。改善すべき生活習慣は、夜更かしや睡眠不足はもちろん喫煙、過剰なアルコール摂取、乱れた食生活、そして運動不足などが挙げられます。たまっているストレスを発散させるような行動が生活習慣にない場合も改善が必要となります。

理想の治療方法は?

不安障害の治療方法として理想なのは生活習慣の改善を計りながら信頼できるカウンセラーの元、精神療法を受けることなのです。精神療法は若干時間がかかりますが再発防止には非常に優れているのです。

代表的な精神療法としては、認知行動療法や暴露療法、森田療法などが有名です。

まとめ

不安障害の症状とはパニック障害や社会不安障害、全般性不安障害、恐怖症などのそれぞれの疾患によって異なるのですが、そのどれもが過剰なまでの不安や恐怖を感じてしまう事で日常生活に支障をきたすよう状況となってしまうのです。

不安障害となってしまうと最悪のケースは外出したり人と会う事すら出来なくなってしまう事も多いので早めに気付き、早目に治療を行う事が重要なのです。概ねその症状がでて2週間改善が見られなければ不安障害である可能性が高いので治療を開始するようにして下さい。

治療方法としては薬物療法や精神療法がありますが、根本解決を図るためにはその原因となっている生活習慣を改善する事が最も大事なことなのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ