引きこもりの特徴にはどのようなものがあるの?それは2種類

引きこもりということについて多くの人は聞いた事はあるけれど自分にはあまり関係無い事のように感じているはずです。しかしその特徴からは自分がいつなってもおかしく無いし、自分の子供がいつそうなるかもしれない可能性が十分あるのです。

引きこもりにならない為、我が子を引きこもりにしない為には、その特徴をよく理解しておき、注意をしておくことが必要なのです。引きこもりの特徴などを調べてみましたので参考にしてください。

よくある引きこもりとは?実家暮らしの若者

引きこもりと言うと一般的に実家暮らしで若者がなるという特徴があるように感じます。確かに実家暮らしであれば親が食事や必要な買い物などもしてくれるので外出する必要が少なくなるのでなりやすい環境であることは間違いありません。

引きこもりとは?

引きこもりの特徴の前に引きこもりとはどのように定義されているのかを見ていきましょう。引きこもりとは自分の空間を閉鎖し外部との接触を避けて、6ヶ月以上自宅や自室に閉じこもり社会生活に参加しないような人の事をさし、結果、自立出来ずに親に面倒を見てもらうようになってしまいます。

引きこもりの原因は?精神的ダメージ

一口に引きこもりと言っても特徴からみると社会的な引きこもりとニート的な引きこもりがあるのです。引きこもりになってしまう原因には色々とあるため、なかなか気付きにくいのでまずは原因について整理してみましょう。

職場や学校が原因?

引きこもりになる原因として一番多いのが実は職場や学校でのもめ事に起因した精神的ダメージなのです。この原因で引きこもりとなってしまうのは自己防衛の一種で、短期間で済めばいいのですが、長期化する事で引きこもりをなってしまうケースが多いのです。

現代問題視されているのは若年層だけでは無く、中高年における引きこもりで中高年の場合引きこもる家庭が既に親の老齢化などから金銭的苦境に立ってしまうのです。

精神的障害から

引きこもりとなってしまう原因としては、うつ病などの精神的障害が原因で引きこもりになってしまうケースもあるのです。

社会的引きこもりの特徴は?精神的理由がある

引きこもりの中で学校に行ったり、会社で働くことができないというような社会的引きこもりには特徴があり殆どが精神的理由に起因しています。

外出できない?

社会的引きこもりの特徴の一つは、対人恐怖や社会恐怖といった精神障害や自分の姿をみられるのが嫌だという思いから外出する事ができなくなってしまうのです。

罪悪感がある

自分が引きこもりになっていることに対しては親に迷惑をかけているという罪悪感があり、それが余計に親との接点を遠ざけやがて笑顔も消え部屋にこもるようになってしまうのです。

破壊的になる

自分でもなんとかしたいと思っているけれど、どうにもならないもどかしさから苦しそうな雰囲気になり、やがて自暴自爆や破壊的になっていくケースが多いのです。

反応が極端になる

親などからの問いかけに対しても無反応になるか、暴言、暴力的な方向か両極端になってしまう傾向があるのです。

どんどん落ち込む

社会的引きこもりになった人は、なぜ自分がそうなったのか理由がわかっていません。そのため自分の事をどんどん否定するようになりダメ人間と思い込んでしまうのです。

ニート的な引きこもりの特徴は?大きくは二つ

社会的引きこもりから精神的な部分は成長しているのに引きこもりを続ける人をニート的引きこもりといいます。そのような状態になってしまうのには二つの特徴があるのです。

解決を逃した引きこもり?

社会的引きこもりから精神的な部分は回復して外出できるようになったのに意図的に働いたり、学校に行ったりしようとしない状態になる事があります。これは周りがそのままでもいいのだという雰囲気を作ってしまった結果、自分の生活はこのままでいいのだと勝手に思いこみ引きこもりを続けてしまうのです。

親への仕返しの引きこもり?

もう一つの側面としては、引きこもりになったのは自分のせいではなく自分以外に責任があると考えているタイプです。この場合の特徴は、引きこもりの目的が親への仕返しとなっているケースがあるのです。

親への仕返しの時の引きこもりには次のような特徴も見られます。

    <親への仕返しタイプの特徴>

  • 外出する事に恐怖心はなく一人で外出できる
  • 親への罪悪感は無い
  • 社会復帰のためになんとかしなくてはという意思が無い
  • 問いかけには理論的に反論してくる
  • こうなったのはお前のせいだと親に言ってくる
  • お金が無いので不潔になってくる

親の特徴は?我が子を思いどおりにする

ここまでは引きこもり本人の特徴を見てきましたが、最後は自分の子供を引きこもりにしてしまいやすい親の特徴を見ていきましょう。

我が子を引きこもりにする親

我が子を引きこもりにしてしまいやすい親の特徴は、子供が何か言うまで待つ事ができずに子供よりも先に答えてしまう事が多いのです。その為子供の話を最後まで聞いてあげる事が少なく口調が命令口調になる傾向があるのです。

そもそも子供を自分の思い通りに育てようとする傾向が強く、子供の感情にはあまり関心が無いのです。子供としては自分の好きな事よりも親の望む事を行うのですが、やってもやっても認めて貰えず更に上を要求される事が多いのです。

まとめ

引きこもりとなってしまう原因は、主に本人の資質的なものもあるのですが、大きくは、家庭環境が影響している事が多いのです。殆どの家庭では我が子が引きこもりになるとは思いもせず接している事が大きな問題の一つでもあるのです。引きこもりの原因は殆どが精神的なものからきており、回復には時間を要します。

また、社会的な要因から引きこもりとなって、その後回復したとしてもニート的な引きこもりを続けてしまうケースもあり、その見極めは非常に難しいのです。よって引きこもりにならないようになりやすい親の対応についてはよく自分自身と照らし合わせそのような対応をしていないかどうかのチェックが必要です。一度なると回復が非常に難しいのが引きこもりです。ならないように十分注意していきましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ