不安障害発症時に大切なことは?心と体のバランスを意識! 男性 25歳 Y.M.さん

不安障害は精神疾患の一つで、ストレス社会と呼ばれる現代において、発症する人が劇的に増加している病です。

また、不安障害はうつ病やうつ状態を伴うことが多く、それゆえ、食用不信や過食、不眠などの症状が起こりやすく、日常生活にまで影響を及ぼす病気です。

私も実際に、不安障害とうつ状態との診断を受け、この二つに長く悩まされてきた一人です。

ここでは、私と同じような症状に悩む方に向けて、不安障害の発症しやすい時期や主な症状、そして、私が行った症状を緩和する方法を紹介していきます。

不安障害を発症しやすい時期とその原因

不安障害は、大きな挫折や失敗を経験し,耐えられないほどの不安やストレスを感じたときに発症することの多い病気です。

不安やストレスによって心のバランスが崩れ、それが心身に影響を及ぼすことで、不安障害やうつ病などの精神疾患へとつながっていくのです。私は、大学を卒業後に就職して1年ほど経ったころに職場の人間関係や業務上のストレスや不安が増え、徐々に体調を崩し、休職を挟んで退職することになりました。

仕事を退職したとき、自分の人生がもうだめだと思われ、大きな失望感と喪失感を感じました。そうした中で心の安定が失われ、不眠や食欲不振などの症状が現れ、病院で不安障害とうつ状態との診断を受けました。

私の場合は、仕事を辞めたという大きな挫折が病気の引き金となったのです。

不安障害を発症したときの他者との付き合い方とは

不安障害やうつ状態に陥ったときに、多くの方が一番に頼る相手は家族です。実際、家族の理解や協力を得ることは、治療において非常に重要な要素です。

しかし、症状が長く続いた場合などには、家族の不安も大きくなることが多く、そうした不安が原因で患者本人との衝突が起こることがあります。そうしたときに重要なのは、友人などの家族以外に心を許すことのできる人間の存在です。

そのような相手がいれば、家族関係の問題や不満なども相談することができ、家族関係による不安やストレスを緩和させることができます。また、家族に相談しづらいことも相談できるので、精神的な支えにもなります。

私も、治療中に何度か家族と衝突したことがあり、そのときに、友人に相談することで心を安定させることができました。信頼できる人間を多く持つことは、治療を進めるうえで大きな助けになります。

不安状態を改善するために自分ができること

私が不安障害を改善するために気を付けたことは、心と体のバランスを保つことです。体の面では、日常生活においてバランスの良い食事や良質な睡眠をとり、適度な運動をするよう心がけ、体調を整えることを意識しました。

心の面では、家族や友人との時間を増やして不安やストレスを軽減し、趣味などを行って、楽しいと感じる時間を増やすように心がけました。心と体、両方の状態が良くならなければ、なかなか病気を治すことはできません。

不安障害を治すには、心と体の両方を大切にすることが重要なのです。

心と体を休め、自分自身を労わってあげよう

不安障害によって心身に現れる症状は、本当に辛く苦しいものです。

「なぜ自分が」と思うこともあるでしょう。しかし、今の状態は、心と体が休養を求めている証拠でもあります。だからこそ、今は、自分自身を労わってあげましょう。

心身の状態と向き合い、心と体のバランスを整えることを意識してください。そして、大いに家族や友人に頼ってください。状態を改善するために一歩一歩進んでいくことで、不安障害は絶対に治すことができます。

ここで書いたことが、少しでも治療の役に立つことを願っています。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ