不眠症の治し方!初めての不眠症治療では病院の何科を受診する?

不眠症かもしれないと思ったら何科を訪ねるべきでしょうか?いざ病院に行ってみても同じような科名が沢山あって受診するべき科が何処なのかがわかり辛いですね。

もちろん、最初から不眠症の原因がわかっている場合は、しかるべき科を受診すればよいのですが、わからない場合は悩みますね。おすすめなのは、「睡眠外来」のある総合病院です。

睡眠に関する診療を専門に行うところで、適切な検査のもと、治療を受けることが可能です。不眠症に関わらずいびきや無呼吸症候群やさまざまな睡眠障害の診断、治療が可能です。

ただし、どこの総合病院にでも睡眠外来があるわけではないので、自宅の近くには無いことも考えられます。そこで、不眠症と思ったらまずは、行きつけの内科、女性なら婦人科などをドアノックしてください。最初はあまり深く考える必要はありません。

不眠症?治療の流れ

不眠症は様々な原因が考えられるので最初に訪ねた科から症状の詳細が明らかになるに連れ、適切な科を紹介され転々として行きます。大学病院などの大規模病院の場合は内科から転々とし、呼吸器科、心療内科そして最終的には大学病院から睡眠改善専門のクリニックを紹介されることが多いです。

睡眠障害は何科?主な科名と特徴

寝れない期間が長引くと心身ともに本当に疲れてしまい普段の生活や仕事にも影響が出てきます。そうならない為にも出来るだけ症状の軽いうちに原因を特定し不眠症を解消しましょう。

最初に受診すべき科はこだわらない

最初に受診すべき科はどこでも良いのですが各科名と特徴と記しますのである程度自己診断が出来ている方は参考にしてください。

    <不眠や心の病に関係する各科>

  • 心療内科
  • 精神科
  • 神経内科
  • 睡眠ケア、睡眠障害クリニック

睡眠障害は何科?心療内科とは!

心療内科はストレスが溜まった結果として胃潰瘍になったとか不眠症になったなど心の病気が原因で発症した疾患を改善する科です。基本的には内科なので不眠症と感じたらとりあえずこの科を訪問するのが一般的です。

問診と検査によって不眠症の根本的な原因を探り治療に当たります。原因が特定されれば更に専門の科を紹介されそこで治療を受ける事になります。

睡眠障害は何科?精神科とは!

精神科は心療内科と科を一緒にしている医療機関も多いのが実情です。これは精神科というと患者さんが受診し辛いという事も考慮してという配慮も有るそうです。

精神科の特徴

特徴としては、あきらかに精神的なストレスが原因でも頭痛や腹痛が続いているなど、疾患と症状の度合いや範囲が明確でない場合は精神的科による治療になります

例えば、月曜日の朝になるとになると頭痛や腹痛になるなど症状の度合いがはっきりしない場合は精神科の治療となります。

睡眠障害は何科?神経内科とは!

神経内科はストレスや心の病などの精神的な問題からではなく、筋肉、神経、脊髄に原因が有り体が不自由になる病気を扱います

神経内科の特徴

症状の判断をした後に手術や処置が必要な場合に外科や細分化された科でその後の対応をします。精神科は脳検査などで異常が見つからないのに対し神経内科では疾患がはっきりわかる事が前提になります。

睡眠障害は何科?睡眠障害クリニック!

最近では睡眠障害改善の専門クリニックが存在します。これは、睡眠の質を上げる事に目的をおいて治療をしてくれるクリニックで、もしお近くにこのようなクリニックが有ればここを訪問するのが不眠症解消の近道です

睡眠障害クリニックの特徴

寝れない、寝てもすっきりしないなどの不眠症の根本的な原因を見つけ改善や治療の方法を探っていくのとともに、その要因のひとつともなる睡眠中の無呼吸やいびき、寝言などの症状の発見と改善を行い、睡眠量と質を向上させる事を目的としています。

また、一泊検査で脳波や心電図、呼吸なども調べてくれますので一度検査しても良いでしょう。

睡眠障害の治療は?なるべく早く診断を受ける!

不眠症の根本的な治療を行うにあたっては、自分で何科を訪問すべきなのか判断しづらいのが現状です。

重要なのは早く治療を開始する事

上記に病院の主な科名と役割を述べましたがある程度の予測はついても自分の症状と本当の原因は自己診断では判断できずどこに行って良いのか迷います。もっとも重要な事は、なるべく早く治療を開始する為にとにかく何科でも良いので病院に相談する事です。

ストレスの原因を特定する

特に肉体的な疾患が無く精神的な要因の場合、仕事や人間関係によるそのストレスの原因を排除しないと解決にはなりません。そうなると病院だけで無く、弁護士や家族、友人の助けが必要になったり、仕事辞めるなどしたりして生活自体を改善する必要も有るかもしれません。

生活環境を変える事も考える

とにかく原因の特定をして改善に向かってアクションを起こす事をはじめてください。生活環境を変える事で一夜にして要因の改善が行える場合も有ります。その為に病院は体の疾患なのか、精神的な悩みなのか原因の切り分けを行ってくれるはずです。

とにかく原因の特定

病院では個人的な人間関係や職場でのストレスの解決は出来ませんが、原因の特定は出来るはずです。不眠症は長びくほど症状が重くなり自分ではコントロールが難しくなってきます。そうなる前に改善の第一歩を踏み出して下さい。

睡眠障害の治療は?治療は怖くない!

不眠症の治療は怖いものではありません。痛みを伴う治療は全くありませんし不快な治療も有りません。ただ寝れない原因を特定する為に家庭環境や金銭的なトラブルなど簡単に説明する必要が有ります。プライドを捨て原因にあたると思われることは正直に話すべきです

とにかく不眠症を解消する事が目的なので、カウンセラーやドクターを信じて治療をすぐに始めてください。多少時間がかかっても心地よい睡眠時間を得られることで大きく人生の幸福感は変わります。その為にも専門家の経験や知識を借りて一刻も早く不眠症から抜け出してください。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ