うつ病になっての会社を休職までの流れとその後

今では、うつ病は誰でもがかかる病気と言われています。身近な人の死や、仕事がうまくできないということや、人間関係の不調和や、働き過ぎでもうつ病になることもあります。

元々の性格が関係していることもあります。うつ病といっても、はじめはなんとなく憂うつだったり、仕事に行くのに起きれなくなったりということもあるでしょう。自分では自覚していなくて、怒りっぽくなることもあります。うつ病と言っても、種類も一つではないので、症状も様々なものです。

仕事に行きたくない

仕事に行きたくないと思う人は、たくさんいるのではないでしょうか。その理由は、仕事が多いからだったり、体がだるかったり、人間関係で悩んでいたりと、原因も色々とあることでしょう。

それでも、働かなくては食べて行けないからだったり、責任感からだったり、なんとか休日に調整して、仕事に行っているという人もたくさんいます。スポーツなどをしたり、趣味をもって、仕事以外の活動を取り入れてうまくストレス発散して、体調管理ができれば、大丈夫ということになるでしょう。趣味もできずに、何もやる気が起きないという状態の人は、ちょっと要注意です。

また、あまりに真面目な人も、うつ病になりやすく、注意しないといけません。食欲がない、性欲がない、人と話すのが億劫になったなど、変化が出たらおかしいなと思わないといけません。それも、自分ではなかなか気がつかないという人も結構います。

うつ病で仕事を休むには

初めて、職場を休むときには、体調が悪いという理由で休む人が多いのではないでしょうか。1日2日では、上司もなんとも思わないことも多いでしょう。無断欠勤をしてしまったりすると、どうしたということになって、職場から連絡が入ったりします。

また、職場の人が気がついて、医療機関に受診したほうがいいと勧めてくれる場合もあります。うつ病では、気分よりも体調に出ることもあります。心身症などは、うつが体に出て、頭痛がしたり、熱が出て続いたり、咳が止まらなかったりということもあります。内科や外科で色々と検査をしても、何も異常がない場合には、うつ病かもと疑う必要があります。それなら受診先を変えないと行けません。

見立ての良い先生なら、精神科を紹介してくれることもありますが、そのまま様子を見てくださいと、内科で薬が出る場合もあります。ある程度自分でも検討を付けないと行けないということもあります。

休職をするためには

精神科を受診して、状況を説明して、休職をしたほうが良いという診断が出ると、会社にそれを伝えます。病院で診断書をとってきて下さいと言われることもあるかもしれません。とりあえず、どれぐらいの休養が必要かという診断書を書いてもらって会社に提出することが多いです。

仕事が途中の人は、できれば、会社の人に相談して、代わりにしてもらうことを依頼しておくと、良くなった時に復帰しやすいです。うつは、疲れきっている病態なので、頭の回転も鈍くなっていたりしますので、十分な休養が必要です。

有給休暇を使って休んでその後、傷病手当の給付を受けると、標準報酬日額の7割ぐらいが、請求の翌月に振り込まれます。もちろん、職場のせいで労災でとなると、傷病手当とは請求の仕方は違ってきます。これは、職場もなかなか認めにくい部分もあります。

うつ病で休職するには

うつ病では、自分を責めたりしがちです。これは、病気がさせることなので、うつの時には、自分で重要な決定をしないほうがいいです。例えば、退職するということなどです。専門家に相談して、休職をして、良くなれば復帰した方がよいでしょう。病院のケースワーカーに相談することもできます。

早まって、判断を誤ると、後々後悔することも多いです。新しい人を教育するよりも会社側としても、慣れた人が良くなる方がメリットは大きいです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ