うつ病との併発は悪化をまねく!死亡率を1.6倍高める危険性とは?

うつ病の発症原因は、まだ明確には解明されていませんが、ストレスや思考の偏りなどのメンタル面と脳の情報伝達物質の働きが、複雑に関連していることは明らかになっています。

メンタルと脳機能との関係性が高い病気は、精神疾患だけでなく身体疾患にも多く存在しており、併発により症状が悪化してしまうことも確認されています。「うつ病が引き起こす病気」と「うつ病を引き起こしてしまう病気」には、どのような関連性があるかについて説明します。

似ている精神疾患の原因!併発しやすい病気とは?

うつ病を発症した人の約3/4の方に、何かしらの精神疾患の併発がみられています。

併発しやすい病気とは?

うつ病の発症原因の一つとされる「不安感」や「抑うつ感」は、他の精神疾患の発症原因にもなっています。また、症状も似ているため、うつ病との区別や併発の判断が難しくなっています。また、別の精神疾患を原因にうつ病に移行するケースも多く、病気が併存していることを見極め、適切に治療を施す必要があります。

    <併発しやすい精神疾患>

  • 睡眠障害:通常の健康的な睡眠がとれない状態。
  • 不安障害:社会不安障害やパニック障害など。うつ病の4割以上に不安障害がみられている。
  • 境界性パーソナリティー障害:気分の変動が激しく、感情も著しく不安定。自殺念慮を伴う点も、うつ病と類似。
  • 摂食障害:拒食症状や過食症状。うつ病の症状から、摂食障害を併発。
  • 適応障害:特定の状況や環境変化に耐えられず、適応できないストレス障害。

判断が難しい統合失調症!高齢者のうつ病対応は慎重に!

統合失調症と認知症は、初期症状がうつ病と類似しており、診断が難しくなっています。

判断が難しい統合失調症!

統合失調症は、幻覚や幻聴症状や強い興奮状態と支離滅裂な言動など、周囲には理解しにくい特殊症状が特徴的な病気です。

前兆期は、不安感や意欲低下の精神症状と、不眠や食欲不振などの身体症状を訴えます。しかし、うつ病など他の精神疾患と症状が類似しているため、初期段階で統合失調症と診断されにくく、すぐに適切な治療を始められない問題があります。

高齢者のうつ病対応は慎重に!

高齢者のうつ病は、認知症と症状が似ています。また、高齢者の世代感覚には、「うつ症状は甘え」といった価値観があり、頑なに病気と認めず、治療を行わないため症状を悪化させてしまう傾向が強く、対応には注意が必要です。

感情に過敏な非定型うつ病!パニック障害との併発は危険!

うつ病は、自殺リスクの高い病気ですが、非定型うつ病とパニック障害(不安障害)の併発は、更に自殺リスクを高めてしまう傾向があります。

感情に過敏な非定型うつ病!

一般的なうつ病の症状違って、好ましい事象に対しては気分が良くなる「気分反応性」を持っているのが、非定型うつ病の特徴です。一般的なうつ病の症状に加え、次のような傾向が認められる場合に、非定型うつ病と特定されます。

    <非定型うつ病の症状>

  • 著しい体重増加(過食傾向)
  • いくら寝ても眠い(過眠傾向)
  • 手足に鉛のような重さをもった疲労感(鉛様麻痺)
  • 批判や評価に対し敏感になる(過剰反応傾向)

パニック障害との併発は危険!

パニック障害だけであれば、治療によってパニック発作のコントロールが可能ですが、感情が過敏に反応する特徴を持った非定型うつ病との併発は、発作に過剰反応して突発的に自殺念慮を高めてしまう危険性があります。

関係性の高い身体疾患とは?併発が悪影響を及ぼす!

うつ病と併発、または、うつ病を引き起こす身体疾患は、次のような病気があります。

    <うつ病と関係性の高い身体疾患>

  • 糖尿病などの内臓疾患
  • がんなどの免疫系疾患
  • 脳卒中などの脳疾患
  • 心筋梗塞なのどの循環器系疾患
  • 認知症や更年期障害など加齢を要因とする症状

併発が悪影響を及ぼす!

うつ病と併発、または、うつ病を併発した場合、うつ病の症状によって様々な悪影響が、身体疾患に現れます。

    <うつ病併発が及ぼす悪影響>

  • 治療意欲の低下
  • 身体疾患の症状の悪化および治療の長期化
  • 身体疾患の再発率の上昇
  • 死亡率の上昇
  • 医療費負担の増加

うつ病を併発しやすい糖尿病!危険な悪循環とは?

糖尿病患者の約30%の方に抑うつ症状がみられ、約10%の方がうつ病併発を併発しています。

うつ病を併発しやすい糖尿病!

うつ病と糖尿病の発症原因および生活習慣が、それぞれの発症を誘発させ、かつ、悪化させる相関関係を持っています。

糖尿病は、症状の辛さや食事制限など治療でのストレスが、うつ病を引き起こす原因となっています。

うつ病は、意欲の低下によって、慢性的な運動不足をまねきます。また、うつ病の原因の一つに強いストレスがあり、甘いものやアルコールでストレスを解消しようとしがちです。ストレスに対し脳は、糖分を要求するため、糖分の過剰摂取により血糖値の急上昇が繰り返され、脾臓の機能低下によって糖尿病を併発してしまいます。

危険な悪循環とは?

うつ病は、重症化すると自殺念慮を持つほど、生きる意欲が低下しているため、糖尿病治療のセルフコントロール(食事療法や運動療法)が怠り気味になり、血糖コントロールを不安定にしてしまいます。

糖尿病は、症状の悪化が進むと、倦怠感や疲労感を伴い治療へのストレスも相まって、抑うつ症状を悪化させてしまいます。

このように、うつ病と糖尿病の併発は、生活習慣と生活の質を低下させるため、死亡率が、併発しない場合の1.6倍に上がってしまう危険な弊害を持っています。

まとめ

精神疾患での身体疾患でもうつ病との併発は、症状を悪化させ治療が難しく長期化させてしまいます。また、うつ病自体に他の疾患を誘発する性質があります。

現代社会において、ストレスから逃れることはできませんし、うつ病は誰でも発症する可能性がある病気ですので、自分や病気を責めることも意味ありません。

病気への正しい知識と、出来る範囲でのセルフコントロールに心がけ、健康な日常生活を目指しましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ