強迫性障害とは何か?自分でも自覚があり、神経質とは違う!

ストレス社会と言われる現代において、様々な種類の精神的な病気が年々増えてきています。そんな病気の一つが「強迫性障害」です。

この病気は昔から存在していましたが、昨今の時代背景により、このところさらに患者が増えていると言われています。

今回はこの病気がどういったものなのかについてご紹介していきましょう。

自分の意志とは関係ない考えが浮かぶ

強迫性障害とは、自分の意思とは関係のない嫌な考えが頭の中に浮かんでくることに対して、その考えを払しょくできないで不安感が続く強迫観念と、考えを振り払おうと打ち消すために意味のない行動を繰り返してしまう強迫行為とがあります。

嫌な考えがずっと浮かんだ状態でいるので、患者はその間精神的にもかなりつらいのがこの病気です。

自分でも意味がない行為だと自覚があるのが特徴

強迫性障害の特徴として頭の中にある考えを振り払うために、何度も同じ行為を繰り返すと言ったことがありますが、この病気にかかっている人はその行為が本当はばかげていて無駄なことであると自覚しています。

しかし、実際にその行為をやめてしまうと、頭に浮かんだ考えや悪いことがおこってしまうのでないかという強い不安感が再度襲ってくるため、強迫行為をやめられないのです。

神経質とはまた違う

「自分は神経質だからもしかしたら強迫性障害では?」と思う方もいるかもしれませんが、神経質と強迫性障害とは全く違います。例えば、神経質な場合、自分の決めているところにものが置いていないと気になるとか、手を綺麗に洗わないと気になるとかあります。

しかし、これらの場合ものを一度ちゃんと直したり、手を一度しっかりと洗えば気になりません。強迫性障害の場合だと、ものを何度置き直しても直しても「これでいいのだろうか?」と不安感に駆られてしまうのです。

手を洗う時などにも、何度洗っても不安感が消えないことがこの病気のつらい症状なのです。

強迫性障害は囚われの病気とも言われる

このように、強迫性障害は自ら意志と関係ない考えで頭が一杯になり、その不安感をぬぐおうという強迫行為に時間をかけてしまうことから囚われの病気とも言われています。

その為、自分の生活もむしばまれ中には「うつ病」も併発してしまうケースも少なからず存在しているのです。最近は、以前と比べると強迫性障害の認知度もある程度高くなってきている為「もしかしたら自分もそうかも」とあてはまる方はぜひ、一度病院で診察してもらうのが望ましいと思います。

治療方法も薬や行動療法等、様々なので自分にあったもので改善することができます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ