パニック障害や強迫性障害には原因がある?私が知った意外な事実! 女性 41歳 M.K.さん

数年前のこと、運転中に突然、例えようもないほどの恐怖に襲われました。正常に運転できているのに方向感覚がおかしくなっているように感じ、ひたすら「怖い」と思ったのです。

動悸がし、息が苦しくなり、それでも必死で運転して帰宅しました。冬の深夜、凍結した道路での出来事でした。そこで後日、心療内科を訪れてみたのです。

心療内科への通院

心療内科に行く、と言うと家族からは反対されました。しかし、つらいのは私です。

家族の反対を押し切って受診したところ、「パニック障害」であると診断されました。SSRIや発作時用の頓服を飲み始めたところ、症状は軽くなり、時間は掛かりましたが、発作は出づらくなりました。

月に一度の通院で、病気のことも含めて、心療内科の医師とは様々な話をします。そのとき、ふと、以前から気になっていた症状について相談してみたのです。

強迫性障害の発覚

物心付いたときから、私は、・玄関や車の鍵を掛けたか・ストーブやガスを消したかが不安で仕方ありませんでした。

時期により強弱はありますが、ひどい時期は外出もつらくなるレベルで確認をします。何回確認しても不安でなりません。雑談の流れでそれを医師に話すと、「強迫性障害」について説明されました。

私にとっては、昔からの状態で、病気だという自覚すらありませんでした。「普通は気になっても確認しに何度も帰宅したりはしない」と医師に言われ、衝撃を受けたものです。

家族との関係

医師と相談し、薬を増やしたり変えたりしながら、様子を見ています。その状態で数年が経過しました。しかし最近になって、また雑談の流れから、家族の話になりました。

私の親は少し変わっていて支配欲が強く、なんでも思うとおりにしなくては気が済まない性格です。私個人の意思などお構いなしです。それもあり私は肉親に対して愛情を持つことが出来ません。

家族とは同居していますがうまくはいっていません。この先も、状況が改善するとは思っていません。そんな話をしたところ、医師から意外なことを言われたのです。

原因は愛着障害?

「あなたは愛着障害であると考えられる。愛着障害は不安障害につながりやすい」子供のころに受けるべき愛情を十分に受けられないことにより愛着障害に。

そして、それが原因で、強迫性障害とパニック障害に。それが医師による見立てでした。愛着障害の話は最近出たばかりです。原因が分かったところで、すぐに解決出来そうもありませんが、「私だけに問題があるわけじゃない」と知り安心した部分もあります。

現在は、うまく自分の気持ちをコントロールする方法を模索しているところです。いつか解決できる日が来ることを願っています。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ