回避性パーソナリティ障害とは?覚えておきたい5つのポイント!

回避性パーソナリティ障害とは、パーソナリティ障害の中のひとつです。この回避性パーソナリティ障害の大きな特徴としては、他人からの批判や拒絶される事を恐れ、社会生活の中で人と交わる事を回避しようとする事です。

本能的に自己防衛が働き、自身を安全な場所へと逃してしまう。やがて、不登校や出社拒否はおろか、外出さえも出来なくなるケースもあります。ここでは、回避性パーソナリティ障害について紹介していきます。

回避型の特徴とは?4つのタイプに分かれる!

回避性パーソナリティ障害の特徴は、4つのタイプに分けられます。①葛藤のあるタイプ、②過激なタイプ、③恐怖感のあるタイプ、④自己を見捨てるタイプ。これらの根底にあるのは、【自己評価の低さ】と【自信の欠如】です。

何事においても自信がないため、常に控えめな行動をとってしまい周囲の目を気にする。また、他者からの批判や拒絶に対して敏感に反応するため、新しい事へ挑戦する意欲がない。これらが、回避性パーソナリティ障害の特徴です。

「自信の欠如」とは

「自信の欠如」とは、自分に自信がないため、自分の意見を持たず周りの意見に左右されてしまう事です。これは、回避性パーソナリティ障害の大きな特徴のひとつと言えます。

回避型の原因とは?2つの大きな要因がある!

回避性パーソナリティ障害の原因には、大きく2つの要因が挙げられます。ひとつは遺伝的要因、そして環境的要因です。遺伝的要因は生まれ持った特性であり、内的要因ですが、環境的要因とは育った環境に要因がある。言わば『外的要因』です。

これは、親との関わり方、周囲との関わり方、また、幼少期の社会的背景などによって形成される要因です。

外的要因が鍵になる

この外的要因は、幼少期の頃であれば自分では変える事が出来ない要素です。親からの過剰な干渉や、あからさまな批判、また強制的に何らかの指導を受け、その指導を甘んじて受け入れるしか手立てがなかった。一度の失敗でも過剰に非難され自信喪失に繋がっていくのです。

この様な要素が蓄積され、やがて「自分は何をやっても上手くいかない」といった自信の欠如から回避性パーソナリティ障害に発展していきます。

回避型との関連とは?発達障害との関連性!

回避性パーソナリティ障害と発達障害とは関連性があると考えます。幼少期における頃、周囲からの支援や理解が得られなかった場合、自分に対するもどかしさや欲求が蓄積されます。

また、いじめや友達から孤立状態になった場合、その社会体験は、とても辛いものになります。これらの社会的背景が、大人になってからの人格形成に大きく影響してくるのです。

意外な関連性がある

回避性パーソナリティ障害に留まらず、心的疾患と発達障害とは深く関係してくる事なのです。この様な幼少期の出来事というのは、そのインパクトが強いほど、将来に影響してくるものです。

学術的には、この2つ因果関係は解明されていない部分がありますが、少なくとも、特に幼少期の頃は、本人の意思を尊重し、また深く理解をして、本人の自主性を尊重する事が大切なのです。

回避型が併発する疾患は?主な疾患は4つ!

回避性パーソナリティ障害が併発しやすい疾患には、次の4つが挙げられます。①うつ病、②双極性障害、③境界性パーソナリティ障害、④強迫性パーソナリティ障害です。

これらに共通する事は、「抗うつ」、つまり自己否定の要素が強い疾患であるという事です。自信がないために消極的な思考や行動に出てしまい、社会との壁を作ってしまう。また、併発ではなく、元来、この4つの疾患から回避性パーソナリティ障害を併発するケースもあります。

回避型の治療法は?主な治療法は5つある!

回避性パーソナリティ障害の治療には、主に5つの治療法があります。症状の度合いや併発している疾患の有無によっても治療法が変わってきます。

回避性パーソナリティ障害の場合、対人関係に難がある疾患ですので、この対人関係の克服を中心とした治療法を取るのが一般的です。

集団精神療法とは

集団精神療法とは、同じパーソナリティ障害を持つ人が集まり、グループ単位で会話をしたり、共同作業を通して社会に適応する訓練を行う治療法です。同じ障害を抱える仲間ですので、他人と言えども親近感が沸き、コミュニケーションも取りやすくなります。

こういった共同作業を通し、他人との意思の疎通を行う訓練をすることによって、本人も自信に繋がっていくのです。

薬物療法も併用する

集団精神療法と同時並行で薬物療法も行っていきます。薬物療法では、主に不安感や緊張、抑うつなどを緩和し、精神状態を安定させる事を目的としています。

ただし、薬物療法は、あくまでも対処療法ですので、治療の軸足は集団精神療法にあると言えます。

個人精神療法とは

個人精神療法とは、医師や心理士によるカウンセリングの事です。これは、人によって様々ですが、おおむね週に1回から2回程度、1回のカウンセリング時間は約30分程度が多いです。

ですが、カウンセリングのみで寛解するという事はありません。個人精神療法も治療法のひとつではありますが、心的疾患の治療というのは、ひとつの治療法のみで確立されているわけではないのです。

家族療法も重要な事

場合によっては、家族療法という治療法も選択する場合があります。これは、患者さん本人だけの治療ではなく、その家族も方も含めて治療をするという事です。

回避性パーソナリティ障害の場合、周囲の言動や行動によって自身の意思が左右される対人障害です。ですから、家族(周囲の人)の言動や行動について治療を行う。その結果、患者さんに対する接し方も改善されるというわけです。

認知行動療法とは

認知行動療法とは、患者さんの『認知の歪み』を矯正する事を目的とした治療法です。これは、患者さんに自分自身を観察してもらい、認知の歪みの原因や改善方法について学んでもらう事で問題の解決を図ります。

近年では、この認知行動療法についての研究が進んでおり、仲間が共に支えあう『サポートグループ・プログラム』の確立や電話相談などが医療の現場で活躍しています。

まとめ

ここで、回避性パーソナリティ障害の覚えておきたい5つのポイントについてまとめます。

    <覚えておきたい5つのポイント>

  • 回避型の特徴は4つ
  • 外的要因が鍵になる
  • 発達障害の関連性について
  • 併発する主な疾患は4つ
  • 主な治療法は5つ

回避性パーソナリティ障害は、幼少期の頃の社会的背景が多大に影響を及ぼす疾患です。周囲からの期待を一身に受けて育ってきた。その中では、極度のプレッシャーもあり、一度失敗を犯しただけで自信喪失に陥り、自尊心が傷ついてしまう。自信喪失は、自己嫌悪を招き、不安や恐怖から心身のバランスを崩してしまうのです。

ただ、回避性パーソナリティ障害の場合、社会に適応したいという思いもあるのです。『一歩を踏み出す勇気』。もちろん、本人の努力も必要ですが、もっと大事なのは周囲の支えです。失敗を怖がらずに前に進む勇気。これこそが、最も必要とされる要素であり、それが本人の自信にも繋がるのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ