眠れなくて辛い時飲む睡眠薬副作用は大丈夫?正しく飲めば心配なし!

眠れないといっても、人により症状も様々あります。布団に入ってから眠れるまでに時間がかかる状態、寝つきが悪いケースや充分に寝ているのに寝た気がしない眠りが浅いケース等と他にもまだあります。

このように「眠れない」と感じた時に、薬を飲んだ方がいいかな?でも止められなくなったらどうしよう。副作用が怖いかな、などと考える人も多くいます。

睡眠薬も今は、色々と改善されています。けっして怖い物ではありません。正しく服用すれば、キチンと睡眠もとる事が出来ます。今回は、睡眠薬の副作用について調べました。

なぜ眠る必要があるの?身体と脳を休ませる為です!

それは、身体を休ませる事はもちろん脳を休ませる為に必要なとても大切な時間です。身体は横になるだけでもある程度の回復は望めますが、大脳は起きている時に休む事は出来ないので睡眠で脳を深く眠らせ精神面を回復させる大切な事です。

脳が深く眠ると、成長ホルモンが分泌され細胞の新陳代謝を促進させます。それが、皮膚や筋肉に骨の成長の助けになります。心身ともに健康の維持の為、眠る事が必要です。

睡眠時間の目安とは?

1日の睡眠時間は、8時間が良いと聞きますがこれは統計から出された平均的な数字です。睡眠時間には、個人差があるので昼間に眠気がなく普通に生活出来る時間であれば大丈夫です。

良質の睡眠はどんな事?

睡眠時間よりも、質の良い睡眠をとる事の方が大切よと聞く事があります。これは、睡眠時間を長くとる事よりも朝目を覚ました時にすっきりとして眠れた満足感がある事をいいます。

眠れない睡眠薬を飲むでいいの?病院の受診が必要!

夜眠れない事が何日か続くと、疲れも溜まり日常生活や仕事にも影響が出て来ます。そうなると、「眠らなければいけない」と感じて睡眠薬を薬局等で買い求める人も少なくありません。でも、薬が自分の症状に合っている薬か判らないので危険です。

眠れない事が、知らないうちに罹っている病気から起きてる時もあります。病気と眠れない事に関連性があるの?と言われそうですが、最近では大きな関係がある事が判ってきました。

睡眠時間を気にしない?

眠れないと悩んでいる人は、睡眠時間の長さを気にしている人が多いのですが人により適した睡眠時間は違うので自分に適した時間を確認すると良いでしょう。

病気が隠れている事も?

最近判って来た事で、糖尿病が睡眠障害の原因になっている事があります。また、不眠の症状が無い人と比べると症状がある人が将来糖尿病や高血圧になる確率が高い事も判ってきました。

睡眠薬は副作用があるもの?薬の種類で違いがある!

睡眠薬に限らず副作用が見られるケースは少なくありません。その原因として、薬の成分が幾つかの作用を出すために希望しない結果として出てしまう時、その薬の成分に対して自身の反応が過敏であるために起きる時もあります。

薬を服用した為に何らかの異常を身体に感じた時には、他にも薬はあるのですぐに医師に相談をして変更してもらう事をお勧めします。

他にもある薬の種類?

睡眠薬は大きく分けて、5つの種類に分けられます。今の睡眠薬は昔と比べて安全になって来ていますので、状況により医師と相談して服用すると良いでしょう。

    <5つの種類に分けられた睡眠薬とは>

  • バルビツール酸系
  • ベンゾジアゼピン系
  • 非ベンゾジアゼピン系
  • メラトニン受容体作動薬
  • オレキシン受容体拮抗薬

なぜ薬により違う副作用?効果持続時間の違いから!

薬により違う副作用が出るのは、薬の効果が効く継続時間によって出ます。効果の継続時間が短い薬は、服用後にした事を記憶する事が出来なくなる事があります。服用後車を運転し、事故を起しても本人は記憶がないので危険です。また、依存性も強いです。

継続時間が長い薬は、飲み続ける事で体内に薬が溜まり抜けにくくなりふらつきが起こりやすくなります。朝起きれないとか、午前中集中力が欠ける事があります。

副作用の症状とは何?

睡眠薬の副作用としてよく見られる症状を、下記に挙げました。下記の症状が出た時には、直ぐに医師に相談される事をお勧めします。

    <睡眠薬の副作用としてよく見られる症状とは>

  • 眠気
  • 健忘(服用後にした事を覚えていない事がある)
  • ふらつき
  • 睡眠薬依存症

服用の時の注意とは?

持病のある人等、他にも服用している薬がある時には注意が必要です。いっしょに飲む事で、副作用が出る事もあるので必ず医師に相談して下さい。

睡眠薬は止められない?主治医と相談していく事!

昔の睡眠薬では依存性が強く出ましたが、今は改善されて少なくなり安心です。ただし、良くなったからと自己判断で服用を止める事で悪化する事になりますので必ず医師に相談しましょう。

また、今の薬の中には効果が弱まりやすいものと弱まりにくいものがあり現れる時期も直ぐに現れる物と、長く服用してからの物があります。

どんな時でも自己判断で、服用を中止する事をせず直ぐに医師に相談して良い方向へすすめる事が必要です。

焦らずに付き合う事!

医師の指導の下、治療を続ける事で症状が改善されるようになった時には医師に相談して徐々に薬なしでも大丈夫になるようしていきましょう

まとめ

今回は、だれもが不安に感じている睡眠薬の副作用について症状や、その違いや原因について、注意が必要な事等について調べました。

夜眠れない事が続くと不安から、睡眠薬を薬局で買う事もあります。これは薬が自分の症状に合っている薬かどうか判らない事や、原因に病気がある可能性があるので危険です。

薬により違う副作用が出るのは、薬の効果が効く継続時間によるものです。症状が出た時には、直ぐに医師に相談しましょう。

昔の睡眠薬は依存性が強く出ましたが、今は改善され少なくなり安心です。自己判断で中止すると悪化します。どんな時でも自己判断で、服用を中止する事をせず直ぐに医師に相談して良い方向へすすめる事が必要です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ