不眠症で睡眠導入剤を使用したら副作用でドライアイに Y・Oさん 41歳

私が不眠症になったのは、ある企業で営業をやって2年目の時に、あまりの忙しさからうつ病を発症してからしばらくたってかでした。

突然眠たくても眠れない日々が続き、睡眠導入材を仕方なく飲むようになりました。

最初は、休職したし一時的なものだと思ったのですが、復帰してからも治る気配が無く、職場を変えても変わりませんでした。

不眠症が治らず

とにかくうつ病や不眠症を治したくて、広告で知った、不眠症を治す健康器具を色々買ってみたりして試してみました。それも全然治る気配がなく、信仰宗教を学んでみたり、カウンセリングを受けてみました。やはり治る気配が感じられませんでした。

しまいには、寝るときにはどうしたら良いのかを考えてみたりとか、意識をどこへ向けたらいいのか分からなくなってしまい、夜が怖くなっていきました。

睡眠導入剤に頼るようになり

やがて、早朝と夕方の仕事をしていた時、昼間は時間が空いているので、眠気に襲われ昼寝をするという生活リズムになりました。昼寝の時間が多いため、夜になると目がさえて、結果不眠症は変わりませんでした。

一度入院して手術した時、麻酔から目が夜に覚めて、朝まで寝ることができず、看護師にお願いして睡眠導入剤を持ってきてもらった記憶があります。

時が経ち、弁当屋に勤めてたときに、規則正しい生活リズムに変わり、睡眠導入剤も減り始め、一番軽い物までになりました。その弁当屋を辞めて、何年か経ってから生活リズムは、昼まで寝て夜に働く仕事を始めたので、軽い薬では効かなくなってしました。

睡眠導入剤の副作用でドライアイに

そして、薬の量も増え始め、4種類の薬を飲まないと理想的な睡眠時間が取れなくなり、副作用によるドライアイや急性緑内障になってしまいました。

今は薬の量を減らし、目の方も手術してドライアイだけになりました。未だに薬が無いと眠れないので、生活リズムを変えたくて、朝から働く仕事に変えて、無茶せず薬の量を減らして行き、最後には薬が無くても眠れるようにしたいと思います。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ