すぐに出来る!薬を使わずにうつ病を改善する3つの自然療法は?

うつ病の治療に病院で出されるお薬は、依存性や副作用を考えて、できれば自然治癒力を使って回復したいと思われる方も多いと思います。

お薬を飲まずにうつ病から回復できる治療法がありますので、自分に合うものを試してください。

自然療法1:朝に太陽の光を浴びましょう

朝のうちに、太陽の光を20分から30分浴びるようにします。室内の照明では効果があまりないのです。なぜなら、太陽の光は晴天時は、十万ルクス、打てんは一万ルクスに対して、室内の照明では300から400ルクスしかありません。

できたら、ウォーキングもかねて太陽光を浴びられるのが一番ですが、無理をせず室内で窓際で当たるだけでも効果は充分にあります。

朝の太陽光を浴びると、セロトニンが分泌されます。そして太陽光を浴びてから14時間から15時間後には、メラトニンが分泌されるのです。メラトニンが分泌されると、夜もよく眠れるので回復に効果的です。

自然療法2:リズム体操でセロトニンを分泌しよう

リズム体操を行うと、脳の血流がよくなります。

お手玉は、リズム体操に効果的です。歌を歌いながらすると、ストレス解消になりセロトニンも分泌はれ非常に良い効果があります。左右の手をリズミカルに使うことで脳のバランスがよくなるのです。

また、通常でしたら右利きの人は右から投げて左で受けとりますが、逆に左から投げて右で受けとるようにします。逆まわしにすることで、脳の前頭野が活性化するのです。

疲れない程度に行ってください。ラジオ体操や自転車漕ぎもリズム体操です。自分のやりやすいリズム体操でセロトニンガを増やしましょう。

自然療法3:アロマの香りで内分泌腺を刺激する

アロマテラピーで香りを嗅ぐことも、芳香治療という治療法になります。アロマテラピーが嗅覚神経から、情動を司る大脳辺縁系を刺激します。

またホルモンバランス、自律神経、免疫を担当する視床下部を活性化します。嗅覚神経から、内分泌腺が刺激されて、ホルモンが分泌されるため、うつ病により減ってしまった脳内物質が増加します。

おすすめのアロマオイルは、ラベンダーが使いやすく安眠や自律神経のバランスを整えてくれます。ゼラニウムは、副腎や視床下部、ストレス性の不調に効果があり、神経を強壮する働きがあります。

自分の好きな香りを選らんで、相性のよいアロマオイルを選んでみてください。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ