運動不足でうつ病に?筋トレをすることがうつ病の改善に効果的!

うつ病の改善には、ウォーキングが効果的であるというのは、知っておられる方も多いと思いますが、筋トレもうつ病の改善には非常に効果的なのです。

外出をすることが難しいうつ病の方も、筋トレなら自宅で行えて時間も選ばないので続けやすいのではないかと思います。

筋トレでうつ病の原因物質を解毒する

スウェーデンのカロリンスカ研究所で、骨格筋を刺激する筋トレをすると、うつ病の原因物質を分解する酵素が発生すると発表がありました。

うつ病の原因物質とは「キヌレニン」というアミノ酸です。キヌレニンは、魚、肉、大豆から摂取できる必須アミノ酸であるトリプトファンが、体内で代謝されるとキヌレニンというアミノ酸に変化します。

このキヌレニンが、体内で増加してしまうと、うつ病が悪化してしまうのです。しかし、骨格筋を刺激する筋トレをすると、キヌレニンアミノトランスフェラーゼが発生して、キヌレニンを無害のキヌレし酸に変えてしまうのです。

筋肉に、このような働きがあるので、うつ病の改善には効果的なのです。

筋トレの代謝アップでセロトニンを増加させる

また筋トレをすると、体内の血流がよくなります。そうすると脳の血流もよくなります、そしたら、脳の老廃物を血液が運んで流してしまうため、頭がスッキリします。気持ちも上向きになります。

筋トレをすることで、体内のホルモンの分泌も促します。うつ病になると、脳内の伝達物質の分泌量が減ってしまい、交感神経、副交感神経のバランスが崩れてしまいます。

しかし、運動するとドーパミン(意欲や集中力を高める)やノルアドレナリン(やる気をおこす)、セロトニン(気持ちが明るくなる)物質の分泌量が増えます。

特にセロトニンは、うつ病の方は、分泌量がへってしまっているため、筋トレでセロトニンを増やすことで、気持ちが明るくなる効果があるのです。

筋トレで心のケアを

筋トレを、毎日自分に課すことは、自己管理能力の鍛練になります。

筋トレを通じて、気持ちを一定にコントロールできるようになると、今後、社会生活を送ってくなかで、様々なストレスに耐える力がついて、自分の気持ちをコントロールすることができます。

自分の気持ちをコントロールできたら、うつ病の発症再発もおさえられます。

また、筋トレをすると疲労から深く眠ることができます。深く眠ることでセロトニンが作られるので、これもうつ病の改善に役立ちます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ