安障害の治療の為の薬はどのようなもの?抗うつ剤と抗不安薬が有効

不安障害とは過度に不安や恐怖などを感じる精神障害の1つされています。その原因となるものは色々で症状も様々なのです。そして不安障害は発症すると日常生活に支障をきたすので不安障害の症状が薬で治るならば患者さんは嬉しいはずです。

不安障害の治療の為にはどのような薬があり、そしてどのような症状の時に薬を使えばいいのかを調べて見ました。

不安障害が発症する理由は?物事に対する考え方

不安障害は人によって様々で原因の特定も非常に難しい疾患の1つではあり、また健康な人でも突然なるケースもあるのです。

発症する仕組み?

不安障害が発症する仕組みとしては、主にその人の物事に対する捉え方や考え方、そしてそれに伴う行動によって発症は関係しているのです。

不安障害の症状とは?

不安障害とは不安や恐怖に付随して身体症状が過度に現れる事の総称として使われていますが、その症状によってパニック障害、全般性不安障害、社会不安障害、恐怖症、幼児期に発症する分離不安障害などに分けられます。

不安障害の原因とは?性格的なものに起因

不安障害が発症してしまう原因は不安が過剰になってしまう事が問題なのです。

なぜ不安が過剰になるのか?

それではなぜ不安が過剰になるのでしょうか?その原因としてあげられるのは主に性格的なものとして心配性、完璧主義、神経質、こだわりが強いなどの傾向が多く見られます。そして強いストレスや、過去に大きな不安や恐怖を感じる体験を持っていたりするケースもあります。中には遺伝という事も主張されています。

不安障害の薬の種類は?抗うつ剤と抗不安薬

不安障害となった時の治療方法には薬物療法と精神療法があるのですが、今回は薬物療法について見ていきます。

不安障害の薬物療法に使われる薬は主に抗うつ剤と抗不安薬の2種類となっています。そして薬の種類によって短時間型のものから超長時間型のものまでその症状によって使い分けられているのです。

抗うつ剤とは?セロトニンの働きを強めます

抗うつ剤が有効な場合は、ストレスなどに起因して脳内の恐怖神経回路を制御しているセロトニンが不足していると診断された場合に使用され、セロトニンの働きを強めるSSRIが使用されます。

SSRIの種類

SSRIには次のような種類が処方されます。

    <SSRIの種類>

  • デプロメール??・ルボックス
  • パキシル??
  • ジェイゾロフト??
  • レクサプロ??

抗不安薬とは?即効性があります

不安障害の治療に主に使用される薬は抗不安薬でベンゾジアセピン系の薬となります。抗うつ剤と比べて素早く効果が表れる為に急性的な症状を和らげる為に使われます。そして薬の作用する期間によって半減期というものがあり、それによって薬の種類が識別されています。

ベンゾジアセビン系の薬の作用は?

ベンゾジアセビン系の薬の作用はGABAという脳内にある神経伝達物質を増強する働きがある薬で、その作用によって中枢神経が抑制されることから脳内の活動が沈静され、不安や緊張といった不安障害を増長する障害を緩和してくれるのです。

半減期とは?

半減期とは薬が作用する時間によって分けられていて次の4段階に分けられているのです。半減期が短いほど即効性が高くなりますが、その分早く体内から抜けるようになっています。その中にも多くの薬の種類があるので必ず医師と相談しながら症状にあった薬を服用する事が大事です。

    <半減期の種類>

  • 短時間型
  • 中間型
  • 長時間型
  • 超長時間型

短時間型の薬

短時間型の薬の半減期は約3~6時間となり、エチゾラム、クロチアゼパム、フルタゾラムなどがあります。

中間型の薬

中間型の薬の半減期は12~20時間ほどとなり、アルプラゾラム、ロラゼパム、ブロマゼパムなどがあります。

長時間型の薬

長時間型の薬の半減期は20~100時間ほどとなり、メダゼパム、クロラゼプ酸ニウカリウム、フルジアゼパム、ジアゼパム、メキサゾラム、クロルジアゼポキシド、オキサゾラムなどがあります。

超長時間型

超長時間型になるとその半減期は100時間以上となり、フルトプラゼパム、プラゼパム、ロフラゼプ酸エチルなどがあります。

まとめ

不安障害はその症状によってパニック障害や全般性不安障害、社会不安障害、恐怖症、幼児期に発症する分離不安障害などに分類されるのですが、どれもその根底にあるのは性格的なものに起因したり、ストレスなどが原因で発症してしまうのです。

不安障害の治療方法としては精神療法と薬物療法とがあるのですが、薬物療法としては抗うつ剤と抗不安薬を使う方法があります。抗うつ剤についてはセロトニンの働きを強める事で脳内の神経質回路に働きかけ治療をしていきます。

抗不安薬については基本的には即効性が高いものが多いので急性的な症状を和らげる為に主に使用される事が多いのです。どちらも個人の見解で使用する事は危険できちんとした専門の医療機関で診断を受け処方されたものを服用する事が求められます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ