うつで休職した時の過ごし方で復帰への道が開ける!

うつ病と診断されても会社には症状を隠しながら仕事をしている人は多いはずです。

しかし、うつは悪化していくと症状が改善できづらくなってしまうので、休むときはハッキリと休むといい、休職を申し出ましょう。

うつで休職するタイミングはとても大切ですし、その後の休日の過ごし方で、今後の復帰への道が大きく開けていきます。

休むときはきちんと休む、臨床心理士の助けなどを得て、自分の気持ちのバイオリズムをきちんと掴み、できる時にできることをやるというスタンスで行きましょう。

まずは頭から仕事を切り離すこと

ずっと頭の中に入っていた仕事へのしがらみ。休んでしまうことで仕事から離れるという不安に駆られてしまうかもしれません。

ですが、うつを改善する方法は、仕事で蓄積した「感覚や拘束感」を解放して、脳をリセットすることです。

仕事をする前は、社会のことなんて何もわからない状態なはず。でも、生きるために必要な知識、人間関係などを覚え、それに縛られて、自分の心が飽和状態になるのが「うつ」です。きちんと休んでリセットしましょう。

楽しさを見つける

「うつ」に対する処方箋は薬よりも、心の中に眠る活動エネルギーです。その源になるのは「楽しさ」。「うつ」の状態のときは、楽しさや喜びという感覚が消えてしまって、意識から消えてしまっている状態です。

今がその状態なら、「今、楽しさを見つけるより、過去に自分が楽しいと感じたこと」を再確認してみることです。

かすかな楽しさを感じたら外へ行ってみよう

自分の中に「かすかな楽しさ」を見つけることができたら、その楽しさを増やす作業をしてみることです。

それが、楽しさを誰かに話すこと。そうすることで、楽しさを共感できる人と意識がつながり、自分が1人ではないことを感じられます

もちろん、医師から薬を提供されている場合は、その薬と併用して、心の波を見ながら「ムリのない時に」外へ出るほうが良いでしょう。

人の助けを借りて

休職しているあいだは、福祉施設へ足を運んでみるのも良い手段です。社会保険福祉士や臨床心理士など、経験豊かなプロがいるので、その人の助けを借りて、社会復帰を目指してもよいでしょう。

職場に復帰するときは、一緒に同行してもらうこともできますから、安心して仕事に取り組めるでしょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ