うつ病になって休職!病気を回復させるための重要な3つの過ごし方は?

欧米では、かなり昔からうつ病という病気が一般的なものになっており、「ちょっとやる気が出ないな」という時にでも抗うつ剤を飲んだり、精神科と内科の区別・垣根もほとんどない状態にあります。

日本においてもうつ病は多くの人が疾患していますが、まだ精神科に通うことや薬に頼ることを良しとしない風習が残っています。しかしうつ病は病気であり、療養が必要です。

今回は、うつ病療養のための休職期間中の過ごし方を述べます。

過ごし方1:病気を受け入れる

うつ病で休職を余儀なくされた場合、治すためには休職が必要であると決めたとしても、なかなか仕事を休むことを受け入れる事ができない場合があります。

「自分一人が仕事を休んでいて良いのか」とか「休んでいる間に同期に先を越されてしまう」とか、「休職などしたら復職などできないのでは」など、どうしても休職を否定的に考えてしまう傾向にうつ病の方の多くはあります。

自責の念が強い傾向にあります。しかし、これでは休職した意味がありません。うつ病を治すには、まず「心の休養」「脳の休養」が必要です。

骨折して動けない人に仕事をしろというのは無理であるのと同じで、うつ病で休職することも、専門家の医者が「休職しないとうつ病が治らない」と判断したので、これに反する行動や気持ちを持ち続ける事は、病気の直りを遅くするので、いっさい仕事の事を考える事を止めるようにしましょう。

過ごし方2:薬を飲むことを止めない

うつ病の方は、少し状態が良くなってくると「もう大丈夫かな」として、医者が処方してくれる薬を飲むことを勝手に、自己判断で止めることも多いです。その結果、またうつ病の初期状態にもどってしまう方も多いです。

医者は、その方の状態を見て、必要だから薬を処方します。そしてうつ病は治る病気だと言われており、医者は一生薬を出し続けるわけではありません。

状態によって、徐々に減薬していってくれます。うつ病患者が自己判断で薬を止めることは素人が判断したものであるので、絶対に処方されている間は薬をしっかり、決まった時間に服薬することが必要です。

過ごし方3:規則正しい生活を送る

休職してしばらくは、心や脳の休養のため、何もせずにリラックスした状態で過ごすことだけを心がけていればよいと思います。しかし状態が安定してきたら、医者とも相談して、規則正しい生活を送るようにしましょう。

朝日を浴びることは、うつ病の病気の回復に必要なセロトニンという物質の生成には必要な事です。3食の食事をとることも、脳や体に必要な物質を生成する原材料となります。そして夜、決まった時間に眠ることは、うつ病の治りを遅らせる昼夜逆転を引き起こします。

病気を治すためにも、復職を考えたとしても、規則正しい生活の確保は大切なこととなります。あせらずに、ゆっくりと生活し、徐々に日中の生活に軽い運動を取り入れていくなども、規則正しい生活のためや復職するための体力づくりには必要です。

医者と相談しながら、これらの生活をすることが、なによりもうつ病を治すには必要な過程であり、早道です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ