うつ病で休職に!急性期・回復期・寛解期別の過ごし方は?

うつ病は、真面目で責任感が強く頑張りすぎてしまう人がかかりやすい心の病気です。

自分の限界を超えて頑張り続けてきた結果、うつ病を発症してしまう方が多いです。上手に休息をとることがうつ病の回復に一番重要です。

うつ病の急性期の過ごし方は?

うつ病の前駆期は、気分が晴れない、不調が続く、いつもは楽しいと思える事が楽しめないといった症状があらわれ、そして急性期に入ると、布団から出られない、外出も出来ない状態になります。

これらは、決して怠けていたり甘えているわけではなく、脳のエネルギーが枯渇してしまい、脳の機能が働かなくなってしまった病気なのです。

回復するためには、好きなことを好きなタイミングで行ったり、休みたい時は、ゆっくりと身体と心を休ませて、エネルギーが回復してくるのを待ちます。

自分が休むことで、会社に迷惑をかけていると自分を責めてはいけません。うつ病は、休むことが治療なのです。休んでエネルギーを取り戻す事がうつ病の人の仕事なので、会社の仕事いついては、いったん棚上げしておきます。

急性期は、個人差はありますが3か月ぐらい続きます。焦らずに休むことに集中しましょう。

うつ病の回復期の過ごし方は?

急性期を経て、回復期になると、少しずつ活動をはじめていきます。しかし、無理をしすぎると、悪化させてしまうため、活動と休息のバランスをとりながらにします。

うつ病の人は真面目なので、調子がよいとすぐに無理をして頑張ってしまうので、頑張りすぎないように、疲労感を感じたらすぐに休むようにします。

身の回りのことも自分で出来ることは、自分で行い、1日1度は散歩に出かけてみるのもよいでしょう。ただ、気分が乗らないのに無理に気晴らしに出掛けたりすると、反動でまた、うつ病が悪化してしまうので、自分に合ったペースで続けます。

規則正しい生活を送り、食事は1日3回食べて、夜更かししないなど、社会復帰した時にスムーズに戻れるような下準備をします。

うつ病の寛解期の過ごし方は?

回復しましたが、完治したわけではないので、無理をせず自分のペースで社会復帰をします。会社には、時短勤務や負担の少ない部署異動など配慮してほしい事を伝えて、徐々に仕事量を増やしていきます。

無理をした状態で仕事をしてもミスを繰り返したり、人間関係を悪くしてしまうこともあるので、そのようなトラブルを未然に防ぐためにうつ病の人にとって必要な環境調整なのです。

うつ病は、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら回復していきます。焦らずうつ病と付き合っていきましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ