うつ病での休職から復帰に向けて~4ステップの過ごし方~

うつ病は忙しい現代人にとって起こりやすい心の病気です。医者に休職が必要と言われても忙しく過ごしてきた人にとって不安も大きいことでしょう。

そんな人に向けてうつ病の休職中における過ごし方を4つの段階に分けて書いてみました。

ステップ1:休職が必要なことをきちんと認識する

うつ病にかかりやすいのは、まじめで責任感の強い人が多いです。うつ病で休職している間も、仕事のことばかり考えてしまい、自分がいないとダメだとか他の人に迷惑がかかるとか考えてしまいがちです。

中には、自分はこの状態ではダメだと責め続けている人もいるかもしれません。しかし、大切なのは、今の休養は自分にとって絶対必要なものだとしっかり認識することです。

何も考えないで心身ともにじっくり休むことが復帰にもつながります。うつ病は病気なのです。

ステップ2:思う存分休養できるように過ごす

休職期間がはじまると、時間をどう使ったらいいか分からないかもしれません。でも何もしたくない日はじっとしていればいいのです。退屈だなあと思う日には好きな趣味などをやってもいいでしょう。

しかし、あくまで休養が目的なので、疲れるまで作業を続けないようにします。寝たいときに寝るなど睡眠時間もたっぷりとることが大切です。

食事も食欲のあるなしに任せて食べればいいです。また、人から誘いがあっても気分が乗らない場合は断って、無理して行動しないようにします。

ステップ3:徐々に社会に適応できるような生活をする

休養期間も落ち着いてきたら一日の生活リズムを規則正しく行うことを意識します。朝は早く起き、夜は早めに寝るようにし、昼夜逆転にならないようにします。生活リズムを整えることは体の調子をよくすることにつながります。

また、徐々に仕事に関することを始めてみます。パソコンで何か簡単な作業をやりはじめたりして集中力を高めておきます。

体力もつけておきましょう。外に出て少しウォーキングなどしてみます。ただし、がんばりすぎるのも禁物なのでマイペースを保ちつつやりましょう。

ステップ4:職場復帰後の生活スタイルを考えておく

職場復帰に備え、休養はできたものの復帰後にまた同じことになってしまっては元も子もありません。そのためにも、自分がどうしてうつ病になってしまったのか、どうすれば改善できるのか、順調に働けるようになるのかを再度見直しておくことが大切です。

職場の上司に復帰後について相談してみるのが良いでしょう。医者の意見を参考にしてもいいです。職場によっては配置換えをしてくれたり、労働時間を短めにしてもらえたり考慮があるかもしれません。復帰後の不安なことは確認しておくのが大切です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ