うつ病での休職中はどのように過ごしたらいいのか教えます!

うつ病になってしまうとその状態によって休職が必要な場合があります。休職はうつ病にとても有効ですが、休職中の過ごし方でその効果はだいぶ違います。

休職する目的を持って治療効果を得られるようにしましょう。休職中の過ごし方を紹介します。

休職することを認めましょう

うつ病になってしまう人は自分に厳しい人や頑張り屋の人が多いため、「自分だけ休んでしまって大丈夫なのか」とか「うつなんて自分の甘えだ」と自分を責めてしまう傾向にあります。

このような考え方は、よけいにうつ病を悪化させてしまいます。休職は心を休ませるためにするのです。自分を責めていては心の休養などできません。

あなたは休んでいいのです。専門家休ませる必要があるからそう処方したのです。なので気にするのはやめましょう。

絶対守ろう規則正しい生活

休職すると仕事で時間がなかった日々が、一日中時間のある日々に変化します。何をしていいのかわからなくなるかもしれません。休職中に一番やってはならないのは、昼夜逆転など生活リズムのズレです。

辛くてもだるくても生活リズムは守りましょう。朝起きて夜きちんと寝ることは、それだけでうつ病になりにくくなるのです。また夜型になってしまうと、復職した時に適応しにくくなります。

夜型生活はうつ病になりやすくなるというデータも立証されています。

一日一度は外に出てみよう

うつ病になるとエネルギーがなくなり動くことがめんどくさくなります。無理してやる必要はないですが、一日一度は外に出て日の光を浴びてみましょう。

人混みは疲れやすくなるので、人の少ない時間や人の少ない場所で大丈夫です。時間は短くても大丈夫です。30分以内でもokです。体を全く動かさないで一日中引きこもっているとますます動くことがしんどくなってきます。

するとさらにこもりがちになり悪循環です。朝の散歩をおすすめします。朝は静かでゆったりと過ごせるでしょう。

無理して何かする必要はない

休職中に一日何もしないでいるとこのままでいいのだろうかと焦りを感じてしまうかもしれません。無理て何かする必要はありません。

何もしなくて大丈夫です。ゆっくりと休むことに専念してください。
仕事の下準備や勉強を家でやることも逆効果です。今仕事のことを思い出すことは悪い影響になりかねません。

気分が乗らないことをする必要はないのです。友達に遊びに誘われても、気分が乗らなければ断ってしまって全然かまいません。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ