鬱で休職したけど復帰するには?それは会社の理解を得る事が重要です! 男性 28歳 飲食業 T.H.さん

私は小さい頃から小心者で気も使い過ぎる所がありました。学生の頃はそこまで自分が弱いなと思った事は無かったのですが、社会に出て仕事に職場の人間関係とストレスの多い状況になってみると初めて自分は弱い人間なんだと気付かされました。

ある時上司の方から「お前は仕事が遅い」と言われたのを切っ掛けに仕事に対するプレッシャーが段々と重くのしかかってきて、更にそのプレッシャーで仕事でミスをしてしまうという悪循環に陥ってしまいました。

鬱になってしまい仕事のやる気も失う

そんな状態が続いたある朝会社に行こうと思った時、又上司に怒られるのでは無いか?また仕事で失敗してしまうのではないか?という気持ちが押し寄せてきて頭から離れなくなってしまい、息も苦しくなって体が動かなくなってしまったのです。

その日は取り敢えず体の調子が悪いという事で電話して休みをもらったのですが、その次の日もまたその次の日も気持ちも体調も変わらず夜も眠れなくなってしまいました。

仕事に対するヤル気も失せ何もしたくなくなってしまったのです。

休職する事で余計自分を責めてしまう

結局そのような状態が1週間も続いた為病院に行くと、鬱病だと診断されました。それで電話で上司にそれを報告すると「取り敢えず席は置いておくから帰って来い」と意外な言葉を貰ったのです。

まさかその上司にそんな事言われると思っていなかったので複雑な気持ちでしたし、その時の自分にはそれすらもプレッシャーで、なんでこんな事になってしまったのか…こんなに周りに迷惑かけて申し訳ないという気持ちに押しつぶされそうでした。

何もかも話す事で会社の理解を得て仕事に復帰する

それから病院に通い薬を処方して貰いながら、病院の先生の紹介でカウンセリングを受けました。カウンセリングで話す事で気持ちも段々と楽になり二か月ぐらい経つ頃にはまだ怖かったですが、仕事に出てみようかなという気持ちになりました。

それでカウンセラーの先生に相談した所先生も同伴で上司と話してくれる事になったのです。久し振りの上司との対面でしたが先生がいた事で気持ちはすごい楽でしたし、先生に促されるまま正直な気持ちを上司に伝えた所上司も行き過ぎたと謝ってくれたのです。

それによって自分の心は落ち着きましたし、会社の方でも辛い時は休んで構わないからと理解をしてくれて職場に復帰する事が出来たのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ