隠れた努力がうつ病の原因?強く訴えないと周囲は本気にしない! 女性 25歳 システムエンジニア H.M.さん

会社の組織の変更で、それまでの事務の仕事では無く、システムエンジニアの仕事をすることになりました。

システム部門は、私の会社では花形部署でした。

真面目な性格と、事前の適性検査で選ばれたということで、やる気に満ちた状態で、新たな仕事に挑んだのですが、人間関係が上手くいかず、追いつめられました。

部長と教育係の指示が異なりパニックに

私の教育係になる予定の女性が、部署移動当日に急病で入院されました。

私は部長の指示を受けて仕事をし、作業にも少し慣れてきた時期に、本来の教育係が職場復帰しました。教育係と部長は、違うシステムの管理を担当していましたので、ここで部長からの指示は終わる予定でした。

ですが、教育係が復帰してからも、部長からの指示が続きました。ひとつひとつの作業は小さなものだったので、頑張っていたのですが、その時間が余分にかかり、教育係からの指示が間に合わなくなりました。

なんとか間に合わせるために、サービス残業をして仕事を仕上げたことで、私には余力があるのだと判断し、部長の指示はどんどん増えました。

病院で薬を貰うだけのつもりが休職に

何時間もサービス残業をしても、仕事が終わらなくなり、教育係に相談しましたが、いままで終わっていたのだから、できるはずと言われ、どうしようどうしようと考えているうちに、頭がぐるぐるするようになりました。文字を確認するだけの作業ができないのです。

不安だと、何度も訴えましたが、大丈夫だよ、なんとかなってるよ。と返されるだけで、周囲は本気にしていないようでした。

次第に不安がどんどん強くなりました。なんとか朝起きて会社には行きましたが、途中で動けなくなりました。

知人が心療内科に通い、薬を飲んでいました。その薬を飲むと、不安が無くなり、夜もぐっすり眠れるようになると言われ、藁にもすがる思いで、病院を訪れました。

病院に行く時には、とりあえず薬を貰って、週末ゆっくり休んで、来週から、また頑張ろうと考えていました。

ですが、実際に診察を受けると、しばらく休んだ方が良いと言われ、頭が真っ白になりました。

自分の居場所がどこにもない孤独感

会社に、しばらく休みたいと連絡して、実家に帰りました。

休みたかったはずなのに、休んで良いと言われると、本当にそれで良いのだろうか、本当に病気なのだろうかと不安になりました。

どうしようどうしようと、毎日泣いて過ごしていました。

2か月後に職場復帰のチャンスはありましたが、結局、周囲の目が怖くて、会社に行くことはできませんでした。

また、家族の目も怖くなり、しばらく実家で過ごすという選択肢をできず、一人暮らしの家で就職活動を始めました。

違う会社なら頑張れると思い、就職活動を始めました。予想通り、面接で頭が真っ白になりました。

何をやっても上手くいかない、もう死ぬしかないと思いましたが、病院に通い、しばらくぼんやりしているうちに、元気が出てきました。

元気が復活して、仕事なんていくらでもある、なんとかなる。という気持ちになった途端に、新しい仕事が決まりました

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ