薬を減らしたらうつ病から回復?抗うつ薬の真実を教えて欲しい

私の母親は60歳を越して鬱病になり、もう3年が経とうとしています。

その前から「最近体調が悪そうだな…」とは思っていたのですが、私も初めての子供が産まれたばかりの時期で、正直それどころではありませんでした。

でも、血圧が200近くまで急上昇し、救急車を呼ばれた時には、「これは何かがおかしい」と背筋がぞっとしました。内科にかかり、直ぐに心療内科に回され、抗欝薬を飲み始めてから1ヶ月が経過した頃にやっと血圧が徐々に下がり始めました。

うつ状態がひどくなっていった

でも、そこからは思い出すのも辛いぐらい色々な事がありました。ある程度落ち着いて日常生活を送れている時期もありましたが、ちょっと落ち着いていると思いきや、直ぐに急直下するといった繰り返しです。

その都度母親はショックを受け、その度に益々鬱症状が酷くなってきているようにも思います。慌てて心療内科を探したので、取り敢えず近隣で一番早く診てくれるお医者さんについ最近までかかっていました。

その先生はとてもドライな印象で、2分診療、3分診療が当てはまる感じで、患者さんの話を畳み込んで終らせるような空気がありました。でも、ドライな分だけ、判断は的確なのかもしれないし、他にどこにかかればいいのか検討も付かないので、3年近く通い続けていました。

急直下する度に鬱症状が酷くなっていくのだから仕方無かったのかもしれませんが、抗鬱薬の量も種類も最後には驚く程増えていきました。

最後の方は母親が外出も出来ない状態だったので、私がお薬を取りに行っていましたが、さすがの多さに「多すぎませんか?」と尋ねても、返って来る答えは「これがベストな選択です」でした

でも、段々母親は歩行も困難になり、呂律も回らないような感じになり、傍から見ていても、薬漬け症状のように見えました。その事を訴えると、最終的に、抗欝薬の中でも同系統のお薬をダブルで処方してきたのを最後に「このお医者さんではダメだ」と見切りを付け、別の病院へ変わりました。

薬を減らし元気に

新しいお医者さんはかなりお薬を減らしてくれ、母親の意向で漢方薬を徐々に取り入れてくれています。確かに通い始めは目を見張る程体調が良くなり、本人も家族も喜んでいたのですが、又最近寝たきり状態になってしまいました。

素人の私としたら、どれだけ本を読んでも何も分かりません。

抗鬱薬って何なんだろう?漢方薬にしたら害がないのだろうか?お薬無しで改善していくのは不可能なんだろうか?一度鬱病になったらもう二度と治らないのだろうか?何にも分からないのです。お医者に本音で教えて欲しいです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ