現在休職中、病名は「神経症性障害」 なぜうつになったか? そしてその後・・・ 36歳 U・Kさん

今 私は一年間休職中です。家族子供います。メンタル疾患になったのは2回目です。

今回のいきさつを書きたいと思います。仕事は老人介護職です。以前いた職場は変則勤務でした。

仕事のストレスで子供の泣き声がうるさく感じだす

そのころは子供が産まれてよし!これからという時にだんだん気持ちが落ちていきました。仕事のストレスで家庭でも子供が泣くと「うるさい!」と思う事がありました

可愛いのになぜ?と・・・仕事は行っていましたが、「変則勤務と職員がいないのとで上からはお前がやれ!」といわれる日々。

もう限界と思い 友達に相談すると「友達の施設がデイサービスの職員がいないのでこないか?」と言われてその施設に入社しました。同時に病院精神科に通いました。

日中の勤務なのでしかも自分は介護業界の経験ありで友達の紹介ということなので薬飲みながら仕事していました。その施設の上司も病気の事を伝えていました。

自分なりに頑張ったが

しかし、サービス残業と役職も付き一層自分なりにやっていました。そしてやはり身体が動かなくなり休むことが増え、パートになりなさいとのことでいろいろ心身に異常をきたし一年休職となりました。

病名は神経症性障害(全般性不安障害)。「その時は何?この病名?」でした。

休職し最初は不安や焦りが重く社会から捨てられたと思いじっとできず職場に行ってたりしていました。その時はパニックでした。

思い出すのもツライです。休職中は趣味、家事、育児、図書館にいき精神疾患についてや心理カウンセラーの本や資格取得をしました。今現在は復職について考えると苦しくなるので新たな環境をめざして適当に過ごす日々です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

10 Responses to “現在休職中、病名は「神経症性障害」 なぜうつになったか? そしてその後・・・ 36歳 U・Kさん”

  1. 川地憂鶴 より:

    Yukiさん ありがとうございます。思い出す作業はつらいですね…でも、書きたいこと 伝えたいことが沢山ありすぎて 文がぐちゃぐちゃになってすいません。焦り不安は消えてないですが、今は気分はいいです。日記を書くこと いいですね。認知療法は日記を書くことで苦しさが
    少し和らぎます。また このサイトに出会えたこと 本当にうれしく思います。 たぶん いつも遊びにきますのでよろしくお願いします。

    • Yuki より:

      >川地さん
      確かに思い出すだけでもつらいですよね。
      でも、それを出し切ると自分が何で悩んでいたのかを冷静になって考えることが出来るのでとてもいい作業です。
      これからも試してみてください。

  2. 川地憂鶴 より:

    こんばんは。体験記で病名が違っていました。すいません。正しくは 神経症性障害です。自分で勉強して 詳しくは全般性不安障害です。精神疾患は最後は自分で寛解 8割ぐらいでいいんです。完璧に治そうとすると悪くなる。自分しだいです。医者は治してくれません。自分しだいで8割ぐらいでいいんです。人生 これが絶対正しい!なんてありません。自分で見つけて歩いて行けばいいんです。間違ってたとしてもまた見つければいいんです。最近 本当にそう思うようになったら楽になりました。 次の道に進むためにリハビリ 休養です。

    • Yuki より:

      >川地さん
      ありがとう。修正しました。
      8割を目指して頑張るというのはいいですね。完璧を目指すと大変です。
      医者が治してくれるのではなく、自分を治すのは自分です。
      次の道のためにしっかり休養を取って少しずつ歩いて行って下さい。

  3. 川地憂鶴 より:

    Yukiさん ありがとうございます。また 遊びにきますので よろしくお願いいたします。今度は心理カウンセラー試験の結果を報告しに来ます。

  4. 川地憂鶴 より:

    こんばんは。私はこのサイト yukiさんに出会ったことをうれしく思っています。精神疾患は病院に行って薬服用するだけでは良くなりません。かといって精神科に行きたくない 薬も副作用があるから嫌だというのも良くないです。薬は安心して飲んでください。そしてだらだら過ごす事です。不安 焦りが強くなってきたらその思いを書いてみてください。だいぶ楽になります。そして身体が動くようになったら 外にいきましょう。自然とふれ合うんです。ただ 無理はしないように。少しずつ生活リズムを整えていくんです。ゆっくり過ごしてください。あとは本を読むのがいいですよ。闘病記が良いです。先の不安はあると思いますが、これが正しい道なんてありません。道は自分で創るんです。失敗したらまた違う道を創るんです。こうあるべき論は考えない。自分のペースで歩いてください。白黒ではなくグレーの部分を大切に。体調は8割ぐらいになったらいいですよ。頑張り過ぎない事。かといってやらなすぎもダメですよ。ボチボチでいいですよ。

    • Yuki より:

      >川地さん
      初めてコメントをくれた3ヶ月前に比べたらだいぶ回復してきたように見えますね。文章がしっかりしてきた感じがします。
      もちろん、無理はしない方がいいですが、新しい仕事に向けて少しずつ体の準備を整えてください。
      何事も8割ぐらいを目指すように楽に生きていきましょう。

  5. 川地憂鶴 より:

    こんばんは。今はいい状態ですね。頑張る事 闘う事をしないことですね。考え方を変えること。けして焦らない 薬も大切。あるがままを受け入れて。病気になったことに感謝です。これからは全力 完璧主義をやめて8割。いい経験をさせてもらいました。誰のせいでもない 自分のせいでもない。今は感謝の気持ちです。

  6. 川地憂鶴 より:

    こんばんは。社会復帰して 仕事は休まずに行けています。職場では今 問題があり 悩んでいますが、話し合いをして改善していこうと思います。一人の職員の障害者に対しての支援が差別的 偏見が見られたためです。障害者 特に精神障害者の理解 知識 症状が間違った知識が見られて…でも 精神障害者の代表として訴えていきます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ