「頑張ったんだね」の一言ででうつ病から救われました 47歳 男性 T.T.さん

サービス業で働いていた私は、昼夜逆転などの不規則な生活と職場環境のストレスにより、うつ病を発症しました。半年間休職して、今は復職してもう2年くらいになります。今は再発もなく、無事に克服しました。

うつ病になった時

うつ病になると睡眠が上手く取れませんでしたね。薬を飲むとパタっと記憶がなくなったりし、家族や友人からの電話を憶えていなかったり、逆に些細な音も睡眠の邪魔になることが度々。

ですが、都合がいいかもしれませんが、誰も気にもしてくれないというのは寂しいもので、今思うと電話や少しぐらいのメールが欲しかったですね。

実際には、私が連絡しないでくれと怒鳴ってしまったのが原因なのですが。当時言われて嫌だったことは、頑張って(もう精一杯頑張っています)、これからどうするつもりなの! (自分でも、ちゃんと不安を感じています)などですね。

これらの言葉は、うつ病の人には刺さります。ぐさりときます。今現在自分がどんな状態なのか、一見目を背けているように見えますが、実は内心で渦まくように考え続けているのです。だから、うつ病は1週間や、1ヶ月では治りにくいんですよ。

話を聞いてくれる人がいて救われた

でも当時逆に嬉しかったことは、いつでもしっかりと話を聞いてくれて「えらかったね」「大変だったね」「頑張ったんだね」と話し相手が同調してくれることでした。「いつでも話聞くよ」っていう言葉に涙を流したこともあります。

理解を示してくれるということ、それを言葉にして伝えてくれることが支えでしたね。ふとした時に、よく思い出していました。私がうつ病を克服できた何よりの理由は、仕事のことを一切考えないでいい環境に自分を置いたことですね。もちろん一概には言えませんが、もう嫌なことをしなくてもいいとゆう安心感は何物にも変えがたいものがあります。

私のうつ克服の仕方は?

具体的な克服の仕方は、朝日を浴びたりする自然療法でしたね。現在は人生の目標も見つかり、以前にも増してエネルギーが湧いてくるといった感じです。私も色々とうつ病という病に関して勉強してきたのですが、最近では高照度光療法をおすすめですね。仕事を続けながらでも出来るとても画期的な療法のようです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ