ルールを作ってうつ病を克服し好きな彼と結婚へ 女性 32歳 T.G.さん

パニック障害を抱えていた私は、当時から付き合っていた彼と結婚しました。

嫌だったわけではないのですが、子供を育てる自身もなく、家庭を任されたら、という不安からうつ病を発症してしまいました。

彼のおかげでうつを克服出来た

現在、うつ病自体は克服していますが、今も薬は飲んでいます。すぐにやめるのも、よくないみたいですので。

以前は、薬を飲んでいる自分が嫌で、薬なんか全部やめたいと投げ出したこともあります。

その時に彼が優しく手を差し伸べてくれなかったら、今もうつ病は克服できていないと思います。

これは私の持病で、私の個性なのだから一生付き合っていく。そう考えを改められたのも、やっぱり彼のおかげでしょうね。

自分の中で何かを決めるとそれが重荷になると思っていました。

ですが、夫も交えて主治医と相談したその決意に、いつの間にか調子が良いと思う日が続いていきました。気付けば、それが日常です。

単純ですが、自分でルールを決めてそれを周囲の人(時に大切な人)と共有することで、安心するんだと思います。

ですが、薬を無理にやめる必要はないと思いますね。薬を止めてうつ病を再発した経験がありますので、日常的に生活が可能なら、無理せず服用しながら生きていた方が都合がいいと思います。

薬には副作用はあるけど

現在、薬が寝る前だけになっています。うつ病と判断され、処方された薬を変えながら良くなり悪くなりもなりました。再発時、そのせいで病院に入院したこともあります。

薬を服用するのではなく、身体に蓄積された薬を抜くという日々です。この時支えてくれたのは、やっぱり彼でした。

それで無事に退院出来て、今は楽しく生活出来ているわけですから、それを考えると、人の温かさに触れるのが一番、うつ病に聞く薬なんだなと痛感しました。現在、うつの再発もなく元気に過ごしています。

ただ一つだけ残念なこともあります。薬が合わなかったせいでどうやら肝臓が悪くなってしまったようです。

でもこれは、うつ病を克服できたことに対する副作用のようなものとして受け止めています。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ