人の温もりがうつ病の克服出来た理由 34歳 女性 M.H.さん

私はうつ病と女性特有の自律神経失調症にもなり、不眠症で睡眠薬を7種類以上も処方されていました。

当時使っていた仕切り別の薬箱には様々色の薬が入っていましたね。見た目にもあまりよくないと思います。何だか自分がおかしな人間になったような気がして。

うつ病は一人で居たら治らない

現在はうつ病を克服し、毎日ちゃんと生きていますし、楽しさとか嬉しさとかとかの感情もしっかりと感じられます。ですが、私の体験から言うと、うつ病は一人で居ても治らないと思いますね。本当に親身になって自分のことを看病してくれる人がいないと、だめだと感じました。

また、自分自身もそうで、私の場合は母でした。うつ病になったのは仕事そのものや、環境が原因ということもあったので、思い切って退職しました。それからは、とにかく何も考えずに過ごしていましたね。

部屋から出たくなければ出ませんし、外出しようと思ったら軽く散歩です。母のおかげできちんと一日3度の食事をとることも出来ました。こんなの、自分一人じゃ腐っていくだけでとてもじゃありませんが克服は無理でした。

人と会いたくないけど、誰かにわかってほしいという気持ちがどこかにあった気がします。今思うと、ちょっと勝手でした。でも、うつ病の時は、そんなこと気にしてはいられないですね。

ゆっくり静養して

そうしてゆっくり静養して半年経った頃に、うつ病を克服しました。諦めた時もありましたが、ちゃんと治るんです。治った、って自分でも実感できました。

不思議なことに、あんなに辛かったのに今はそういう時期もあったな、という思い出でしかありません。克服後は、再発してしまうのではないかと悩む心がうつを呼び寄せると思います。

私はうつ病時も現在も、深く考えずに自分が守りたいと思うことだけに目を向けています。きっとそれが、自分を追い詰めたり、必要以上に責めることを防いでくれるんだと思います。

今は仕事も見つけて、穏やかに暮らしています。過ぎてみれば意外と大丈夫なものです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ