うつ病を克服出来た秘訣は「うつを受け入れたこと」 27歳 女性 M.O.さん

うつ私はうつ病を治そうとするのではなく、上手く付き合っていくことで克服しました。

現在は社会に復帰しています。

うつ病を発症した頃は、ちょうど会社が忙しい毎年恒例の時期で、ストレスから食欲が失せているような状態でした。去年までは出来ていたのに、何故か酷く嫌気がさしていましたね。

通院しながら

私は仕事を休職はせずに、通院しながら生活していました。半年ほどで治ったと医者に診断されましたので、当時飲んでいた薬もやめ、病院に通うこともなくなりました。

正直、この時の医師はあまり信用出来なかったような気がします。現に、ほんの1ヶ月ほどでうつ病を再発しました。

医者との相性が大切

医者との相性は本当に大切だと思います。望まれるままに薬を処方するでもなく、時間を気にして会話をするでもなく、ちゃんと正面の患者と向き合ってくれる人を探した方が克服は早いです。私は病院を転々としました。病院は投薬治療のみの所もあれば、他の患者さんの例を挙げて並べる所もいます。

今感じることは、薬による怖さです。医者の言うことで、うつ病が克服できると信じ込むと後々悩むこともあると思います。現に、私がそうですね。一時期は薬のせいで眠れない日々が続きました。

入院することになって

その後も仕事は続けましたが、うつ病が酷い時期があって、入院することになってしまいました。それが私にとっては、大きな転機となりました。短い期間ではありましたが精神病院に入院し、その際の主治医と相性が良かったこと。

他にも、うつ病の患者がいて、仲間が出来たこと。これらがとても大きな支えになりました。今現在、克服したつもりでもうつの前兆はあります。ですが、倒れることはもうないと思います。もし今うつ病かなと思ったら、早めに受診すると思います。

それと私には、信頼出来る主治医もいますし、自分に心理療法があっていると知っていますから。よく話で聞きますが、確かに家族の支えも重要です。

ですが、支える側も共倒れになる可能性がある気がして、正直私は気を使いますね。今は心にアラームをかけ微かな警報が鳴ったら、とにかく休息を取ろうと心掛けています。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ