妻の精神的な支えのおかげでうつ病を克服 36歳 男性 B.E.さん

パニック障害うつ病と診断された頃、私はパニック障害も発症していました。

私はゆっくりと時間をかけて改善していきましたので、これといった特効薬はなかった気がしますね。

ですが、私は責任感が強かったので最初の頃は早く治さなくては、頑張って克服しなければというプレッシャーがありました。今思えばそれが原因で、余計に回復を遅らせていたのでしょう。

うつ病を克服してからは仕事に精を出していますが、前までは後れを取った自分に不安感を感じて、それが原因で自己嫌悪に陥ることがよくありました。

妻の支えで

妻は明るい性格の持ち主で、そんな私を見てはいつも優しく声を掛け、また話を聞いてくれました。気長にまったりいきましょうって。何度か泣いてしまいましたね。

今でもよく覚えているのが、うつ病が治りかけてきた頃、妻がペットを飼うのがいいと雑誌を持ってきたことがありました。

「どの子がいいと思う?」と自分でも本当に楽しそうに話しかけてくる妻を見て、自然と笑みがこぼれていましたね。私がもうすぐうつを克服できると、その提案を断った時はがっかりしてました。

ですが、実際にペットを飼ってうつを治した方もいるようで、私も犬が好きですので初めの頃だったらよかったかもしれません。

うつ病の薬はとても強く、副作用や減薬の時、症状が人によっては辛いようです。なので私は、複数の薬を症状により飲み分けていました。

ツレがウツになりまして

それとおすすめしたいのが、「ツレがウツになりまして」という本。内容は、長年会社勤めをしていた旦那がうつ病になって休職。

それで療養しながら、専業主夫になったというマンガです。家族や知り合いにうつ病の方がいる場合は、専門書を読むより共感されると思います。

実際に、私がうつ病を克服する上で参考になったことも多々ありました。支える家族の方もうつになってしまう可能性があるのが、うつ病という病気の怖いところ。

心から頼りになって、反対に求められて、そんな関係の人が周りにいることが、うつ病を完治させる一番の治療だと思いますね。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ