うつ克服のためにはストレスはその日のうちに発散! 54歳 男性 S.N.さん

私は12年もの間うつ病でした。

もう克服は出来ないのだろうと思っていましたね。

もう仕事を辞めた時の状況は思い出せないですが、私がうつ病を克服した方法があります。

お酒を断つ

まずは医師の指示やアドバイスに素直に耳を傾け、お酒は絶対に飲まないということです。

変な意地を張ったり、アルコールによって薬との飲み合わせ。というより私はお酒が好きでしたので、飲み過ぎてしまわないように禁じました。

規則正しい睡眠のリズムを作り、昼寝をし、薬をきちんと飲み続けるということ。乱れがちな生活のリズムを組み立て、食後に薬を飲む。

決まった時間に休憩を取るといった動作を時間で行うことで身体自身に覚えさせていました。

うつになる原因を徹底排除

うつ病という病気を受け入れ、悲観はせずにうつ病になった原因を考える。

そうして原因となる事項はすべて削除や排除。場合によっては消去して、とにかくストレスを溜めない生活を行うのがいいですね。

うつ病を自身が受け入れることが、何より重要かもしれません。私は心の中では厄介な病気になっちゃたけど、何とかして治そうと考えている自分がいました。

また、私は病気の原因を主治医からストレスと告げられました。そこで自分の生活においてストレスになっていたもの考え、それらを排除するように努めてきました。

これが意外に難しくてですね、10年経って気付いたものもあります。

まずは自分の心身の状態を客観的に判断できるようにし、趣味に没頭する時間を作り、主治医はじっくり話を聞いてくれる人を選ぶということです。

自分の精神状態が下降線にあるかないかを客観的に判断し、もしそういう傾向を感じたら躊躇わず薬を増量します。これは非常に効果がありましたね。

ストレスはその日のうちに発散

最後に、私が実践した画期的なうつ克服方法は、ストレス1日決算主義という考えです。1日に抱えた心の疲れは、その日のうちに消化するということです。

お風呂で湯船につかる時でもいいですし、寝る前でもいいです。これをやるとやらないでは寝に入る感じも大分異なりますよ。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ