フリーの仕事で生きている実感に!会社をうつ病で休職して克服まで 39歳 男性 A.S.さん

社会人として走り回っていた日々。これが正しいと信じて、自分なりに必死に駆け抜けていました。

ですが、その気持ちが空回りしてしまったのか、去年の秋、私はうつ病にかかりました。

3か月休職して

その後は休職をしましたが、うつ病になって仕事を休む、特に長期休職となるのは、非常にしんどく、居心地が悪いものでした。

うつ病を治す上では、身心ともに休養するという意味でも仕事を休職するのはプラスに働きます。そう信じて選びました。

ですが、そのプラス分よりも実はマイナスの部分のほうが多いのでは?と不安にも毎日感じていました。その主は、仕事を休んでいることに対する罪悪感の重さです。

3か月の休職を得て、結局その後に退職してしまいました。その間の仕事を同僚がやったのか、職場では私のことを精神異常者と思っているか、上司は憐れんでいるのか、私はこれから先就職なんかできるのか、と様々な重さが頭の中に居座りました。

ぐるぐる回り続けて離れることはなかったです。こんな思考に支配されながら、3ヶ月の休職期間で何とか早く直そうと焦りもあってか、抗うつ剤にとことん頼ったり、宗教に祈ったり、少しずつではありますが体も動かしていました。

うつ病を発症した患者さんの体験談などを見ていると、こういうやり方は症状が悪化することもあるようですが、私は上手く気持ちの切り替えが出来たみたいです。

その甲斐あって、後半には気力も回復し始め、順調にうつ病を克服していきました。

フリーで仕事を始めて

今は会社につくのは諦め、フリーでやっています。もちろん収入に関しては何の保証もない状態ですが、何とかなるだろうと割と楽観視しています。

うつを克服した今だからこそ考えられるのですが、組織の下で働くのは私には不向きでした。むしろ今は自分の力でやっているので、うつ病を再発することもなく、生き生きと頑張れます。

そして何より、今は自分が生きているという実感がとても強いです。これもうつ病を乗り越え、克服したからこそのものでしょうね。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ