感動する映画がうつ病克服のきっかけ 32歳 女性 S.J.さん

当時アルバイトをしたこともなかった私は、就職活動の後、仕事につきました。

ですが社会に出て仕事というものを知り、2年もしないうちにうつ病を発症してしまいました。情けない話ですね。

みんなは普通にしているのに、私には出来なかったんです。

実家で静養し始めてから

疎外感や自分は無能だと強く決めつけてしまいましたから、実家で静養し始めた頃は何もしていませんでした。そもそも、うつ病特有の症状が酷く、体を起こすのも面倒に感じていたぐらいです。親も驚いたでしょう。

家を出て行ったと思ったら僅か2年ほどで戻ってきたんですからね。それからは毎日ぼーっと過ごし、抗うつ剤を服薬して、少し体調が良い日が出てくるようになったら趣味だった本を読んだり、何も考えずに映画を眺めたりしました。

内容はすぐに頭に入ってきませんでしたが、何もやる気が起きないのに自然とそれらには手をつけていたんです。でも徐々に自殺願望が芽生えてきて、でもそれはよくないと言い聞かせて、そんな湧き出ては押し戻す日々が始まりました。

障害者の洋画を見て

その時、いつものようにつけていた映画(この時はたまたまテレビでやっていたもの)が、死に直面した障害者の洋画だったんです。状況が似たいたということもあるのでしょうが、初めて内容が頭に入ってきました。その障害を持った子は私なんかよりもよっぽど酷い症状で、それでも懸命に生きていました。

涙が出てきて、それが私の中で大きな影響を与えました。そこからは勢いが衰えないまま、うつ病の克服に一直線です。実際のところは、両親の協力がとても大きかったのですが。

克服するならばと、両親から私が飲んでいる抗うつ剤は副作用が心配だから少しずつ減らそうと提案を受けました。すぐには止められませんので、症状が酷くなった時だけ服用するようにして、それ以外は徐々にひかえていきました。そうして少しずつ回復していき、今はまだ実家暮らしですが、うつ病を再発することもなく、克服しました。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ