うつ病で自殺願望になり自殺未遂に終わり克服するまで 29歳 女性 C.H.さん

大学生の頃、初めてうつ病を発症する前から、私はずっと自殺のことばかり考えていました。

私の場合、殆どが対人関係で、特定の人を見ると吐き気をもよおすくらいでした。段々とやつれていって、そうしてある日、親につれられて病院にいったら、うつ病が発覚。

死ぬ準備をしたけど

こう言ったらおかしいかもしれませんが、この診断をされた時、何だか認められた気がしましたね。称号とは違いますが、何だか受け止めてもらえたような気がして。

そこからは具体的に計画を立てて、道具も準備して、死ぬと決めて行動し始めました。

年甲斐もなく親に「ほらわかった? 命なんていらない。死なせろよ」などと、とんでもない発言を吐いた記憶もあります。自暴自棄だったのもありますね。

そして実際、行動に移してしまいました。でも、本当に心から死にたい人は手段を選ばす死にますね。私は心のどこかで生きたい気持ちがあったのだと思います。それで生き残りました。

入院することになり

それからは入院生活の開始です。しかしこれがとても良い環境。私にとっては入院が正解で、うつ病が克服に向かい、1年ほどかかりましたが元気になりました。

患者同士で情報交換したり、作業療法や認知行動療養に参加したりして毎日楽しく過ごしています。はい、現在も、実は病院の中です。ですがうつ病は克服していますよ。

何故まだ病院なのかは、自殺未遂による後遺症です。入院当時は何もしないでずっと天井を見ているような状態でしたが、環境の良さで徐々に簡単なマンガが読めるようになり、テレビが見られるようになり、親友に会えるようになり、と段階を踏んでいって元に戻りましたね。

考え方も一度死線を跨ぐと妙に安定してしまって、うつ病ということ自体が馬鹿馬鹿しく思ってしまいました。今は純粋に「自分がしたい」って思ったことをしようと思います。せっかくうつ病を、自殺願望を克服したので、ちゃんと生きてみようと思います。

死ぬことや逃げることは簡単で、それをするくらいなら他人に迷惑をかけない程度で自分のやりたいようにやってみた方がお得なんですよ。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ