毎日の残業で心身ともにクタクタ!病院で「うつ病」と診断されてから克服まで 男性 31歳 M.I.さん

私は新卒でメーカー勤務をして約4年半。

その後はわけあって転職に転職を重ねて、今現在は休職です。

毎日の残業で体はクタクタ

うつ病の発症は2年前の11月、在職している時期でした。毎日とてつもない量の残業で身も心も、とにかくクタクタでした。

夢でも、仕事、仕事、仕事で、食事も喉を通らず、体重も見る見るうちに落ちて行きました。

かなり病的だったと思います。夜に仕事帰りで歩いていたら、険しい顔の警察に職務質問をされたほどでしたね。

風邪で病院へ行くと「うつ病」と診断され

そんなある日、風邪を引いたので掛かり付けの病院に行ったところ、うつ病だと発覚しました。

不思議とこの時はあまり驚きませんでした。「そうなんだ」と瞬時に納得してしまったくらいです。無関心であった可能性もありますね。

ですが、この日からはうつ病なんだ。だったらこのまま死んでも構わないと思う日々が毎日続きました

布団の中でうなだれる日々。何も楽しみが湧かない、興味がない、生きる意味は何ですか? 何故みんな生きてるの? 希望が欲しい。希望って何だ? そんな自問自答と、負の考えが頭の中を渦まく毎日でした。

この頃にうつを克服する方法などは考えず、また克服しようとも思いませんでした。そのため、今も正直に言うと克服したのか怪しいです。

ですが、今の私があるのは、ネットでやり取りをしていた多くの友人たちが大きいと思います。家に籠っていても会話ができ、うつになってから始めて笑ったのも彼らの面白い話でした。

通院中だけどずいぶん回復して

現在も通院中です。薬の作用もあって症状は楽ですが、依然として口数は減ったままですね。

元からの性格もあるのでしょうが、どうも会話自体が馬鹿馬鹿しく思えてしまう時があります。

楽しみは、たまに前の会社の同僚や大学時代の友人と飲むことです。ネットではなく、生身の人間です。

この友人たちや医師の話によると回復しているそうですが、どうなのでしょう?

ですが前のように死にたいとか、生きる意味について考えることはなくなっているかもしれません。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ