頑張りすぎてうつ病で休職に!休んだらあっという間に克服 男性 34歳 G.F.さん

pvcmlwf69私は某医療職に就いていました。

何かに襲われるような緊張感や、絶対に失敗はしてはいけない、それは当然のことだと自分を奮い立たせながら毎日を過ごしていたら、昨年の夏にうつ病と診断を受けました。

うつで3か月休職に

私は自宅でもいつもぴりぴりしていたので、それで知らず知らずと安らぐ場所を自分で消し去っていたのが、うつになった大きな要因だと医師に言われました。

それからは約3か月の休職を取りました。私はこの期間は短いと思っています。当時は私もそんなに早く克服できるとは思っていませんでした。

ですが職場を離れて、自宅で静養し始めると肩の力が一気に抜けていったんです。妻と二人で不思議だね、と話していたことを覚えています。

でもこの時、妻が何気なく「きっと頑張り過ぎていたのね」と言い、自然と答えが導かれました。

「あぁそうだったんだ、自分は自分を飛ばして続けていたんだ、何でそんなに全力疾走だったんだ?」とむしろ段々とおかしくなってしまったぐらいです。

復職しフルタイム勤務に

そうして克服してからというものの、既に復職して半年が経過。フルタイム出勤してはいますが、業務内容はやや軽めに配慮してもらってます。

そんなに気張る必要もないと気付いてしまいましたしね。

ですがやはり、復職当初は周囲の目が異常に気になり落ち込む日もありました。休日になると布団の中でただうなだれて過ごす、なんてこともあったぐらいです。

現在うつ病の症状は安定しており、休日に家族サービスが出来るまでになっています。

今の悩みは、職場でのコミュニケーションが今一つ積極的に出来ないこと。

ふとしたきっかけで病気に触れられるのが嫌で、人と話すのがなんとなく怖いのでしょうね。特に飲み会とかは極力避けています。

出世への未練

将来への不安は、自分の中でどこかに出世に対する執着があるということ。それがかなり不利になった事への絶望感や後悔から来る落ち込みに、時々襲われることがあります。

克服したとはいえ、うっすらと襲われるような感覚は来るものです。ですが、そんなこんなで服薬しながらも何とか働いています。

何年したら完璧に治るのかな、と気軽に日々色々な事を試していますね。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ