うつ克服の秘訣は必要以上に欲を出さない事だった 32歳 男性 Y.U.さん

うつを発病した頃、私は親や恋人としか接していませんでした。

それ以外とは、関係を断ち切っていたんです。

将来的には孤立してしまう危険性もありながら、それが私にとって最善の選択でした。

うつを抱え込み過ぎてうつに?

うつ病になった頃、以前は販売で接客をしてたのに、外出すると周りの目が気になって仕方がありませんでした。

意識して作ろうとしても笑顔になれず、相手の目も見れません。

うつの人は抱え込み過ぎるからうつになるといいますね。本当にその通りで、私は悩みを誰にも相談せず、自分を追い込む癖がありました。

恋人との将来を考えたことが活力に

ある日、ほんとに唐突になんですが、私は恋人と将来のことを考えられるようになり、またそれが不思議と活力となりました。

それがきっかけで薬を勝手に減らし、本当はいけないのですが、今は全く服薬していません。

あんなに毎日誰とも会いたくない、話したくないの連続だったのに、気付いたら克服していたのです。私はもしかしたら軽度のものだったのかもしれません。

必要以上に欲を出さない

うつを克服しようと思っていたわけではありません。

当時、徐々に回復に向かっていた私自身を励ますために閃いた、というか思いついて言い聞かせていたのは、必要以上に欲を出さないということです。

意外に効果があって、何をするにも焦ることなく、自分のペースでいいんだ。この人生は私のものなんだ、と光が段々と大きくなる感じがありました。

なので、まず体調を整えることをひたすらに考えることが出来ました。焦って色々無理をして、大切な家族を悲しませるような結果になったら幸せなんてありません。

克服した後は仕事にも復帰して、職場の方と食事に行く機会もあります。でもそれは時々、気持ち的にも物理的にもいっぱいいっぱいになってしまいます。

もう少し、あと少しだけ心に余裕ができて、うつの意識がもっと薄れたら自然に話せるのかな、今はそう思いつめないように考えています。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ