うつ病をオープンにして転職したことでうつを克服出来た 男性 44歳 A.S.さん

私は5年前に、うつを発病しました。これでいいのかという不安や、社会に対する恐怖心が頭に居座っていました。

自分をどうしても責めたててしまい、それに対しても、自己嫌悪に陥ります。

気付けば喜びや楽しみ、夢や希望など全てを負の感情が飲み込んでしまいましたね。毎日が辛かったです。

生きていることが幸福だった

しかしその反面、その日々が今の私を支えていると思います。

今現在克服できたから言えるのかもしれませんが、今生きていることは幸運だったかもしれないです。

私が20代の時にバブルが崩壊し、日本では会社に切られる人が大勢いました。

その時、私は電機メーカーの若手社員でしたが、長年勤めた先輩方がリストラで会社から席を追われていくという、寂しい姿が現状でしたね。私も例外ではない。

また、今頼れるのは自分だけだと、強く思い続けていました。人材を扱う市場において、他より突出した大きなスキル、積み重ねた経験や実績、幅広い人脈などを築かなければ、生き残れないと自らに言い聞かせました。

常に、自分自身を叱咤していました
ね。そうしてある日、うつ病と診断を受けてしまったのです。

自宅で静養し、その間は何も考えないようにしていました。そうして月日は流れ、ようやく安定してきたので、そろそろ就職し直そうと決意しました。

家族の支えでうつから回復

私をこの状態まで回復させたのは、家族の支えが大きいです。自分でも自身を労り、「今はいいんだ」と社会から目を逸らしたことが、克服へ向かう大きな一歩でしたね。

私は自分がうつ病だったということを隠さず、障害者として就職活動をしました。現在は職を見つけて安定した収入を得ています。

前職に比べると年収は落ちますが、妻と協力して生活にも支障なく過ごせています。うつ病の克服には、当時は「克服しよう」という意識を捨て、ひたすらに静養すること。家族との会話に心を委ねていたことが最も功を成したのでしょうね。

今では家族のために、また自分を支えてくれた医師や企業の人たちに大きな感謝をしています。私は静養によってうつを克服しました。

ですが、転職の際、自身のことを隠さずオープンに歩き始めたのが結果的に完全な克服に繋がったようです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ