うつ病の一人暮らしは大変!助けを求めればいい!

日本はうつ病患者が多いことで有名です。これを読んでいるあなたも自分がうつ病なんじゃないかと感じた時はありませんか?

うつ病は誰でもなりうる病気です。気分を晴れない時はいろんなことが悪循環になりがちです。

そもそもうつ病と日常で感じる気分の落ち込みとどう違うのでしょうか?実は、うつ病は気分の問題だけでなく、生活にまで及ぶ問題となることもあります。

そもそもうつ病って何?感情がずっと「うつ」

うつ病とは、もはや、知らない人のほうが少ないでしょう。新聞でもメディアでも多く取り上げられている病気です。言葉でも分かるとおり、うつ病とは、まさに「うつ」が続く病気なのです。

ある出来事が起きたことで、しばらく落ち込むのは、うつ病とはいいません。憂鬱な気分が、睡眠後はすっきりした、友人と遊びにいったら楽しく過ごせたのであれば、それはうつ病ではありません。うつ病とは、「うつ」が続く病気なのです。

私には関係ないって!と言いながら、うつになっている

今まで元気に過ごしているんだから、私が病気にかかるわけがないといえるのは、元気である証拠です。ただ、うつ病にかかってしまう可能性は、誰しも持っているのです。

人生の中でのイベントを乗り越える中で、大きなストレスを抱えると、人は心身に影響があります。そのストレスとは、親しい人の死、家族との離別、離婚、会社の倒産など、ネガティブなイベントには、乗り越えることでさらに精神的に強くなることも考えられますが、耐え切れない時もあるのです。

普通の人でも落ち込むだってある!違いは程度の差

憂鬱な気分な時、誰かと遊びたいと思いますか?

この質問には、おそらく多くの人が、「いいえ」と答えます。なぜなら、憂鬱な気分な時は、自分自身が楽しく遊べるとか、楽しい気分を想像することなんてできないからです。それができたら、その憂鬱な気分は大したことがないので、大した憂鬱さでもないでしょう。

憂鬱な気分になると、何もかもが面白くなるのです。過去に楽しい思い出があったとしても、全てが憂鬱な世界へと潜り込んでしまって、楽しかった思い出も、楽しい思い出の場所も記憶の片隅に遠ざかってしまうのです。

全てが同じに見える

人間誰しも、常に前向き、常に生産的であることは不可能です。適切に休息をとることで、生産的な活動を継続することができます。休息している時は、仕事に対してやる気が出ないというのは当たり前のことです。

ただ、うつ病になると、好きだったことが嫌いだったことと同様にやる気がでないのです。
やる気が出ない時がしばらく続いたり、好きでしていたこと、自分が夢中になっていたことでさえ、やる気が出なくなってしまったら、それは注意信号です。

普通であれば、夢中になれることは、すればするほど、逆にエネルギーが沸いてくることさえあります。
そんなことでさえ、する気が起きないというレベルが、病的なやる気のなさなのです。

うつ病になった時、行動に起きる変化とは?全てが停滞する

では、行動面での変化にも目を向けてみましょう。自分が憂鬱な気分であった時を、思い出してみてください。どんなことをしていましたか?活動的に過ごしていたでしょうか?仕事をバリバリこなしていたでしょうか?

一人暮らしの生活状態は一変してしまう

すでに述べた感情面での変化に伴う行動面での変化というのは、実は多岐にわたります。

具体的に考えるケースとして、一人暮らしの人がうつ病になったとしたら、どうなると思いますか?具体的に、どんな行動の変化が起きて、どんなふうに生活に変化があるのか考えて見ます。

結果は自分に跳ね返ってくる

一人暮らしというと、家事、仕事、友人や知り合いとの連絡など、身の回りで起きることは全て自分が担うことになります。そして、体調管理も自己管理、自己責任になります。何もしないのであれば、何も起こりません。

誰かと同居している人であれば、家事や身の回りのことを世話してもらえるために、あまり変化を感じられないですが、一人暮らしの場合は、うつ病による生活の変化が顕著にみられます。

なぜか、出来ない、したくない

一つひとつの作業は、それほど難しくはなくても、うつ病になると、簡単な行動でさえ、多大な労力が必要そうに感じられて、行動を起こすことが億劫になります。

全ての行動を投げ出してしまうと、自宅ではどんなことが起こると思いますか?

ここで、具体的な行動の変化とそれに伴う弊害をリストとして書き出してみます。

  • 朝、憂鬱な気分で目が覚めて、ベッドから起き上がれず、会社に遅刻する。
  • 食事を準備することが面倒になり、インスタントラーメンなど栄養の偏った食生活となる。
  • 洗濯するのが億劫で、不潔な衣服を着る。
  • 掃除が面倒になり、不衛生な部屋で過ごす。
  • 外出するのが面倒、人と会うのが煩わしくなり、非社交的な生活を送る。
  • 歯磨きをしない日が続き、虫歯になる。
  • 身なりに気を使うことをせず、仕事上の信用を失う。

いかがでしょうか。

うつ病の人は、今までは簡単に難なくしていたことが難しくなるのです。これらの行動の変化が一日だけにとどまらず、何日、何か月も続くからこそ、生活自体が危うくなってしまうのです。

治るの?うつ病は治る病気

うつ病は治ります。どれくらいの時間がかかるかはその人次第ですけれども、うつ病は直ります。うつ病が原因で仕事を休んでいた人も、仕事に復帰できるのです。

果報は寝ていても来ない

うつ病は、病気です。自然治癒する病気も世の中にはあります。ただ、うつ病が自然に軽快していくのを待っていることは、お勧めはしません。なぜなら、待っている間に悪化してしまうことがあるからです。

全ての病気において、早期発見、早期治療が早期回復につながります。何もしなくても、いい結果が得られるということは、病気に限らず、何にしても同じです。

治すためには、まずは認めること

では、どうやって治すことができるのか?まず、するべきことは、自分自身の状態を見つめなおすことです。

重症のうつ病であれば、見つめなおすこと、つまり内省することさえも、困難かもしれません。しかし、まだ重症レベルでない、自分自身のことを考えられる余裕がある人は、まずは自分が今どんな状態にあるのかをできるだけ客観的に考えてみるのです。

それが難しければ、友人に自分がどう見えるか尋ねてもいいでしょう。または、専門家、つまり、カウンセラーか精神科医と話してみるのもいいでしょう。とにかく、自分の状態をありのままに認めるのです。

助けを求めること

さて、自分の状態を認めることができたら、次はどうやってその状態を打開できるのかという段階です。うつ病になると、思考能力にも影響してきます。ですので、打開策を自分自身で考えることさえ、難しい場合があります。

自分自身で解決できない時は、人に、社会に助けを求めるのです。それは、何も体裁の悪いことではありません。むしろ、助けを求められないまま、うつ病の状態を長期化させることのほうが問題なのです。

専門家は秘密にしてくれる

うつ病であることを人に伝えることは、抵抗を感じるかもしれません。友人や家族に心配をかけたくないという人もいるでしょう。そんな時は、専門家の助けを求めるのです。専門家は、個人情報を保護する責任があります。治療について、むやみに口外することはありません。

精神科というと、一般の人が関係のないような場所に思えるかもしれませんが、今は、一見普通に見える人が、精神科に通院しているということは往々にしてあります。

専門家は、経験的にいろんなうつ病の人々、うつ病を治した人々の間近にみている人達です。学術的にも知識がありますが、何よりも経験的な知識も、きっと参考になるはずです。

他の人に何て言われるだろう?誰しも共感できること

たとえ、誰かに話すとしても、決してうつ病であることに後ろめたく感じることはありません。辛いときは、自分が弱っている証拠です。常に強くある必要はないのです。

人は弱い人間だからこそ、人と交わり、自分を支えています。支える存在であれ、支えられる存在であれ、お互い様です。逆説的かもしれませんが、辛い時には辛いと表現することが、強くあるための第一歩なのです。

以上のように、うつ病とは、感情の問題だけでなく、いろんな行動にも変化が生じてくることから、生活全体に影響がでてくるのです。うつ病は、単に気持ちの持ちようというわけではありません。他の病気と同様に、病気として扱われています。治療法が研究され続けています。

辛い時は弱音を吐いてもいいんだ!自分は自分の一番の味方であること

誰だって、弱音を吐きたい時はあります。強がっていることだけでもエネルギーがいります。辛い時には辛いと言葉にして表現するだけでも、ありのままの自分を認め、助けを求めることにつながります。

治すためには、まずは、自分のことを振り返り、ありのままを認めること、そして、助けを求めることです。自分は自分の一番の味方でいることは、自分を大切にするということです。簡単でもあり、難しくもあります。これを忘れないでいることが、うつ病から自分を守ってくれます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ