あなたは「社会不安障害」をかかえている?症状の表れ方を分析!

10人に1人は悩みを抱えている病気…それが社会不安障害です。あなたも、またあなたの周りにいる人も実はそうかもしれません。

社会不安障害とはどんなものか分からない?それは実際にこの病気や、それに似た経験をしたことのない人にとって、当然のことです。

なぜなら、その苦しみは本人にしか分からないのだからです。

社会不安障害はただの恥ずかしがり屋さん?それとも病気?

社会不安障害の症状とはどんなものでしょうか。単にシャイな性格というだけなのでしょうか。具体的にどんな症状が表れるか、説明します。

対人関係において過度の不安を感じる

人前での自分の言動や、社交的な場での対人関係において、また、ただ人混みの中にいることにさえも、強い緊張と苦痛を感じてしまうことです。

強い対人不安のため外出困難になる

外に出ることすら不安に感じ、外出恐怖に陥り、最悪の場合、家から一歩も出られなくなってしまうことさえあります。

苦手の種類は人それぞれ?当てはまるものがあるかチェック!

初対面の人と話したり、人前でスピーチをしたりする状況の場合、どんな人でも多少は緊張するものです。

しかし、それが度を越してしまい、極度の苦悩を抱えたり、生活に支障が出る状態を、「社会不安障害」と言います。では、どんな種類があるのでしょうか。

人前で話そうとすると極度に緊張する

「スピーチ恐怖」と言われ、会議や集まりなど、人前で話す機会が増えたことで、現れることがあります。

電話に出るのが恐怖

「電話恐怖」と言われ、オフィスなどで電話をとれないというタイプです。

会社勤務の人に多く見られる症状で、電話の相手に変に思われないかなどと、強い不安をいだきます。電話の着信音が鳴っただけでも、強い不安に襲われ、震えがとまらなくなったりします。

視線への恐怖

常に誰かに「見られている」という意識が強いため、普通の人にはささいなことと思える状況のもとでも、緊張が極度に高まっていきます。

そして、自意識過剰になるため、人前で自然に振る舞うことができず、ぎこちない動きになる場合も多くあります。

1対1になるのが怖い

たとえ相手が仲の良い友人であっても、1対1の状況は緊張を強いられると感じる人もいます。相手が特に異性の場合は、特に緊張感が高まり、固まってガチガチになってしまう人も少なくありません。

陥りがちな経過のパターン!孤立してしまうかも?

自分が苦手な状況を避けようとすること、これが社会不安障害をかかえる人の典型的な行動パターンです。

しかし、回避という行動が増えれば増えるほど、日常生活に支障をきたしてしまうこともあります。

引きこもり

社会不安障害をかかえる人は、緊張のために表れる自分の身体症状が、他の人の目にどう映っているかを非常に気にします。そのため、苦手な状況を避けようと、過剰な用心をし、引きこもりがちです。

「特定の状況だけ」なら対処は意外に簡単!あなたはどっちのタイプ?

    <社会不安障害の2つのタイプ>

  • 苦手な状況がはっきりしている
  • 人前で話す時や、人前で字を書くときなど、ある特定の状況にのみ恐怖を感じるタイプです。

  • ほとんどすべての社会的場面をおそれる
  • こちらの場合、他人との関わりが発生する状況は、ほぼすべて恐怖の対象になるタイプです。

    対人接触全般に強い苦痛を覚えます。身体症状よりも精神的な苦痛がより大きい傾向にあります。

社会不安障害を放っておくと?併発する病気に注意!

併発しやすい心の病気

  • うつ病
  • アルコール依存症
  • 強迫性障害
  • パニック障害
  • 全般性不安障害
  • ストレス障害
  • 恐怖症

不安障害は連鎖する?

社会不安障害という病気が注目されるようになってきた理由のひとつに、他の心の病気との合併率の高さがあります。

社会不安障害は適切に対処していかないと、他の心の病気を併発しがちです。

性格だからとしょうがないと治療をあきらめているうちに、他の心の病気に発展してしまうこともあります。一方で、他の心の病気がもとで、社会的な場面を回避するようになり不安障害を引き起こすこともあります。

そうした事態を防ぐためにも、なるべく早めに対処する必要があります。

まとめ

社会不安障害について詳しく説明してきましたが、少しは理解できたでしょうか。

逃げ出したい!消えてしまいたい!そんな風に思ったり、どうして、いつもうまくいかないのだろう、と家族にも言えず、分かってもらえない、そんなことが続いているのなら、あなたは「社会不安障害」の症状を抱えているのかもしれません。

一昔前のように、気持ち次第で何とかなるという問題ではありません。とりあえずじっと耐え続ける、苦痛な状況を避け続ける、あなたはそんな人生でいいのですか?

自分の症状や限界を知って、適切な治療を受けたい!そんな気持ちに少しでもなったなら、大きな一歩を踏み出してみませんか?

1人で抱え込まず、まずは家族や友人に話したり、ぜひ専門家の助けを借りてください。

「社会不安障害」は性格の問題ではなく、治る病気なのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ