家族にうつ患者がいる際に気をつけるべき4つの注意点は?

家族にうつ患者がいる場合、早く治してあげたいと思うはずです。しかし、こうした焦りは禁物です。

何故なら、そう簡単に治る病気ではないからです。

その為、焦ったところで症状が劇的に良くなるという事はないので、ゆっくりと見守るようにしましょう。

注意点1:抗うつ剤には即効性はない

治療に用いられる薬は、服用からおよそ2週間程度で効果が出てくると言われています。このように即効性がないところからも、焦りが禁物である事がわかるはずです。

しかし、家族としては即効性のある薬はないのか?と思うはずです。

実は即効性がないという事は、将来的に依存を起こさないというメリットに繋がっているんです。その為、症状が改善した時の事も見据え、長い目で見守りましょう。

注意点2:適度な運動と栄養のバランスが大切

また、うつ患者がいると家族全員もつらく感じてしまいがちです。そんな時はどうしても、ストレスに弱くなってしまいがちです。

そこで、栄養バランスの取れた食事を心がけ、適度に運動を行うようにしましょう。これらは、心身の健康を高める効果が期待できるからです。

注意点3:冷たくされても気にしない

さらに、患者の言葉や行動を深刻に受け止めない事も、重要です。うつになると、何をするにも面倒臭くなったり、楽しみを感じなくなってしまいがちです。

そんな時に出かけようと誘っても、良い言葉が返ってこないのは当然です。冷たいと感じる事があるかもしれませんが、これも症状の一つと受け止めましょう。

注意点4:自分を犠牲にしない

家族として最も気をつけたいのは、自分自身を犠牲にしないという事です。全てを患者に注ぎ込んだ結果、自分自身もうつになってしまったというのは、よくあるケースです。

患者を大切に思う気持ちはわかりますが、最低限自分の時間は作るようにしましょう

自分だけ遊んで申し訳ない、自分だけ楽しんでいいのか?と思う事もあるでしょう。だからといって、自分自身を犠牲にする必要はないという事を、覚えておきましょう。

うつは「心の風邪」とも呼ばれています。これは、風邪のように簡単にかかりやすい事が、名前の由来です。

その為、家族は特にかかってしまわないように、注意して接するようにしましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ