知らないとうつになる!「寒い冬」と「うつ病」には関連性があった

冬季うつ季節限定で発症するうつ病があり、脳機能障害の疾患として季節性情動障害と呼ばれています。

その中で、秋から冬にかけて寒い季節に発症する症例を冬季うつ病と呼ばれています。その名の通り、冬季に限定して発症し、春になると自然に症状が回復して、元通り元気になるという季節性の特徴があり、20代から30代の女性に多いとされます。

冬季うつ病の症状は?

うつ症状は一般的なケースとほぼ同様で、気分が落ち込み、疲れやすく、集中力低下や活動量が低下し、何事にも興味を持てなくなる、昼間も眠気が強くて睡眠時間が長くなる、食欲だけ増して特に甘いものが欲しくなり、体重が増加するなどです。冬季限定ですが、寒い季節が原因ということではなく、日射量不足による影響であることがはっきりしています。

冬季の日照時間が特に短いフィンランド、スウェーデン、アラスカなど北欧諸国で、人口の10%前後が冬季うつ病を発症していますし、元々の住民より、それまで日射量に恵まれた地域から移り住んだ人の方が発症率は高くなることも分かっています。

日射量が減るとどうなるの?

日射量が不足すると2種類の脳内物質の分泌量に影響があると考えられています。

脳の松果体から分泌されるメラトニンは、普段は夜分泌されて睡眠を促します。しかし、分泌量は目から入る光の量によって決まるため、光の量が減少すると分泌量が増加して、昼間でも睡眠を促してしまいます。自然光だけでなく、人工的な光にも反応するので、夜間に強い光を受けると、眠りが浅くなったり、睡眠リズムがおかしくなったりします。

メラトニンと逆の働きで目から入る光によって生成されるのが神経伝達物質のセロトニンです。精神を安定させ、満足感を与える働きがありますので、日射量不足で分泌量が減少すると感情の抑制が効かなくなることが起きます。セロトニンの組成物質であるトリプトファンは糖分や炭水化物の摂取によって吸収されるため、寒い季節に必要以上に摂取して冬太りするという悪循環が起きます。

冬季うつ病の対処法は、光を浴びることで、自然光でなくても2500~3500ルクス程度の人工的な光でも改善出来ます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

One Response to “知らないとうつになる!「寒い冬」と「うつ病」には関連性があった”

  1. 川地憂鶴 より:

    日が短くなると憂うつですね…わかります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ