筋トレとセロトニンとうつの関係

ここにうつに関する興味深いデータがあります。アメリカのデューク大学がうつに対する治療法として、ジョギングと抗うつ剤の効果を比較研究しました。

一方は抗うつ剤を投与して治療、もう一方には抗うつ剤を投与せずジョギングをすることでセロトニンの分泌を活性化させる方法で治療を施しました。

運動がうつ病の回復に効果が?

4ヶ月後、どちらのグループも同じぐらいに回復したそうですが、その1年後、抗うつ剤を投与したグループは33%以上がうつを再発しましたが、ジョギングのグループは92%が再発すること無く自ら運動を続けていたそうです。この研究の成果は他にもあります。

  • 運動で効果を得るには年齢や性別、健康状態は関係がないこと
  • 4ヶ月の間、週3回、30分間の早歩きをするだけで抗うつ剤と同じ効果を得ることができること
  • 運動は治療だけでなく予防にも繋がる

ということが分かりました。

運動は続けるのが大変!続けるためには?

しかし、運動治療で大変な部分は続けることです。それでは運動を続けるにはどうしたらいいのでしょうか。

運動というとトレーニングジムでの機材を使った筋トレなど想像しますが、ここでいう運動とは何でもいいのです。自分が得意だったり、負担の少ない手軽にできる運動で構いません。ポイントは続けることなのです。

最初は歩くだけでも十分な運動になりますし、慣れてくれば早歩きやジョギングでも構いません。関節痛などがある人はプールでのウォーキングも有効でしょう。

いきなり筋トレのようなハードな運動は続けることが難しいですが、簡単な運動を定期的に続けて運動能力が高まってくると自然に筋トレのようなもっと激しく、もっと効果のあるような運動がしたくなるそうです。

また毎日する必要はありません。セロトニンの分泌に効果のある運動量は最低で1回20分の運動を週に3回するだけでいいそうです。これなら続けられますよね。

うつを克服するなら、誰もが再発をしないようにしっかりと治療したいと思います。このように運動を定期的にすれば副作用もなくセロトニンが安定的に分泌されるのでうつの予防にも繋がります

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ