運動には抗うつ剤と同じは効果があった!筋トレでセロトニンを増やしてうつ改善

ストレスの多い現代社会ではうつ病はもはや国民病と言ってもいいくらいに程度の差こそあれ多くの人がうつの状態を示しています。

うつの治療には、通院、漢方薬、抗うつ剤などの治療法が一般的ですが、実は筋トレを始めとする運動が効果的であるということが分かってきました。

副作用のない運動治療

薬の副作用や依存度高い抗うつ剤に頼らずうつを改善したい場合には運動による治療がおすすめです。

運動療法は根本的な生活習慣を見直し、再びうつに陥らないよう心と身体の健康が維持できるような生活のリズムを整えます。この生活のリズムというのが運動、食事、睡眠です。

この3つの中でも食欲の増進、睡眠の改善に深く関わっている運動が最も重要です。

運動は抗うつ剤と同じ働きがある

とある研究データによると、うつを発症している人を対象に、「抗うつ剤だけで治療するグループ」、「運動だけで治療するグループ」、「薬と運動を併用するグループ」の3つに分けて16週間のデータをとりました。運動は筋トレを含む中程度の運動です。

その結果、運動グループは薬グループ、併用グループと遜色なくうつが回復したということでした。

うつにはセロトニンという気持ちを安定させる神経物質が関わっており、うつ状態にある人は脳内のセロトニンの分泌量が少ないことが研究で分かっています。

このように、脳内のセロトニン濃度を高める抗うつ剤を使用せずとも、筋トレなどの運動でセロトニンの濃度を高めることができます

また運動療法は当然体力の向上につながります。体力が向上すれば、復職する際に非常に有効で集中力、ストレスへの耐性を高めます。

まずは散歩から

しかし、普段運動していない人がいきなりダンベルを持って筋トレをするのは危険です。この場合はまず近所の散歩から始めて、徐々に慣らして距離を伸ばす、スピードを早めるなどの方法が負担がなくていいでしょう。

このような運動は適度に疲労することによって睡眠障害も改善されます。運動療法はうつに効果的なだけでなく、体力の向上、睡眠の改善、食欲増進と生活習慣を正す上でも効果があるのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ