うつを改善させるために「3つの簡単な運動」でセロトニンの分泌を活性化!

運動うつになったら外に出て運動するなんて無理ですよね。いくらうつに効果があると言われても筋トレなどはさらに無理なことです。

しかし、「無理」、「できない」と言っていては何も始まりません。うつの調子がいい時に少しでも運動してみれば案外気分がすっきりするかもしれません。

一定のリズムで行う繰り返し運動はセロトニンの分泌を活性化させます。
ここでは簡単手軽にできる運動を紹介します。

運動1:深呼吸運動

深呼吸運動というには大げさかもしれませんが、深呼吸を大きく深く、お腹を使って行うと普通の腹筋のような筋トレでは鍛えられないお腹のインナーマッスルを鍛えることが出来ます。

少し前に話題になったロングブレスダイエットと同じ原理です。この深呼吸を5分続けるだけでもかなり汗を掻いてセロトニンが分泌されるでしょう。またリンパ液が綺麗になるとも言われています。

さらにおすすめすなのは朝日を浴びて深呼吸を行えばさらなるセロトニンの分泌効果が期待できます。

運動2:首の回転運動

首を回転させることによって縫線核(ほうせんかく)というセロトニンを作る脳内の器官が刺激され、セロトニンの分泌がよくなると言われています。

右に20回、左に20回ずつゆっくり回しましょう。この運動は顔の血行促進や首のツボを刺激するので目の疲れにも効果があるようです。

運動3:咀嚼(そしゃく)

これは簡単に言うとものを食べるときによく噛んで食べることです。一定のリズムで顎にある程度の力を入れて上下運動することでもセロトニンが分泌されるということが分かっています。

もし、食欲がない場合にはガムで咀嚼運動するのも有効ですね。但し、この咀嚼運動は5分以上続けないと効果が薄いと言われています。

この3つは運動と言われるほど大した動きではありませんが、うつでなかなか身体を動かせないほど憔悴した場合でもできるような簡単な運動です。筋トレもいいですが、このような簡単な運動から少しづつ身体を動かし始めれば無理なくセロトニンを分泌できるようになるでしょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ