うつの改善に1日15分の筋トレでも効果が!

筋トレうつ病の原因には脳内の神経伝達物質にあるという説があります。

神経伝達物質は脳と心を操る物質とも言われ、神経物質であるセロトニンの生成が阻害されることにより、意欲の低下や情緒不安定、不安が起こります。

脳内の神経伝達物質にはセロトニン、メラトニン、ドーパミン、ノルアドレナリン、アセチルコリンがあり、なかでもセロトニンは神経の活動レベルを調節するという重要な役割を持っています。

人の心は難しい、軽い時もあれば重い時もある

時と場合によって人の心は明るく軽やかにもなり、暗く重くるしくなることもあります。これは人の心の動きとしては当たり前のことですが、あまりに大きな変化は心に問題を生じてしまいます。

セロトニンは心の状態の変化の振り幅を調節することで、心に大きすぎる負担がかかるのを防いでいるのです。

セロトニンの役目は何か?

また、セロトニンは体にとって「ちょうどいい」状態を保つ自律神経の働きを調節する役目も担っています。

起きているときに働く交感神経と眠っている時に働く副交感神経がうまくシフトできるよう調節するわけですが、これがうまくいかないと自律神経失調症やうつ病を発症するおそれがあるのです。

セロトニンを不足させない方法

セロトニンを不足させないために、筋トレは有効な方法と言われています。一日15分でも効果があるので試してほしいです。

筋トレをすることにより、セロトニンが活発に分泌されます

また、筋トレをすることにより、栄養バランスを考えた食事を考えるようになり、セロトニンが生成されるために必要な栄養素の不足を防ぐことができるからです。うつ病の治療には適度な運動が効果的です。

ほどよく筋トレを毎日の生活に取り入れて、心も身体も健康な毎日を心がけましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ