最新!うつ病には4種類あるって本当?

最近はうつ病と言うのはかなり浸透してきた病気なのですが、実はその種類はたくさんあり、それぞれ症状や対処法も異なります。

対応を誤ればそれだけ回復も遅くなり、自分の症状がどれに当てはまるのか考えて対処する必要があります。

うつ病は大きく分けて4種類あるって知ってましたか?どのような種類なのか見ていきたいと思います。

種類1:定型うつ病

一般的に広く知られており所謂「うつ病」と呼ばれるのはこの分類に入ります。

症状として、一日中憂うつな状態が2週間以上続くとうつ病と診断されます。真面目で頑張り屋さんがなりやすいと言われており、ストレスだけでなくもともとある性格にも原因があると言われ、抗うつ剤等が比較的効きやすく、きちんと治療をすれば治る(症状が現れなくなる)と言われています。

種類2:非定型うつ病

新しいタイプのうつ病と言われています。今まで周りから良い子と言われていた人に多く、他人の目を非常に気にするタイプです。

他人の目を気にする気質なために他人からの批判に弱い傾向があり、性格的に打たれ弱いとも言われています。よく、非定型うつ病はわがままなのではないかとも言われますが、悪化すると引きこもりなど今社会現象にもなっている重傷患者になる恐れがあり定型うつ病より注意が必要です。

当初は定型うつ病と診断されても実際は非定型うつ病な人も多くいると言われこのタイプの人には抗うつ剤はあまり効かず、むしろ認知療法など他の療法によるアプローチの方が有効であると言われています。

種類3:躁うつ病

躁状態(気分がハイ)とうつ状態が症状として繰り返し起こります。このタイプは実は躁状態の時の方が注意が必要なのです。

躁状態のときは、気分の良いため一見して治ったようにみられますが、実際には躁うつ病の症状の一面で治っただけではありません。そのため、周りも自分も治ったと思い、色々頑張るようになり、仕事や交友関係などを広げる傾向がありますが、躁とうつの周期があり、躁の時に色々手を広げた結果、エネルギーを使い果たし、うつ状態がより重い症状になることもあります。

一般的な抗うつ剤の治療ではあまり効果がないと言われ、気分安定剤など気分の波を抑える治療が有効だと言われています。

種類4:仮面うつ

うつ病に比べ、全般的にその症状の程度が重くなく、風邪の治りかけのような状態が続き、「体調が悪い風邪でも引いているのかな」とおもって、「気合を入れて頑張ろう」と仕事や家事に対して逆に頑張ってしまいます。なんだか寝つきが悪い、イライラする、興味があることに打ち込めないなどいつもと違う自分だなと感じたら疑ってかかった方がいいです。

軽いうつ病と言っても重くなると重度のうつ病になってしまいます。ほかの病気と一緒です。早期発見、早期治療が大切です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ