なぜビタミンを毎日取らないとうつ病になるのか?

ビタミンうつ病はビタミンの栄養素が不足していることと関係があるとされているのはご存知ですか?

栄養素の不足からうつ病になるのか、発病した結果として栄養素が不足するのか、明確に分かっているわけではありません。

しかし、ビタミンB群の栄養素の不足が関連していることは、様々なデータから明らかになっています

関連性の高いビタミンは?

その中で特に関連性が指摘されるビタミンB6、9(葉酸)、12について紹介します。

3つの栄養素共に、気分を落ち着かせ、健康的に神経システムを維持する効果があります。

ビタミンB6

B6は神経伝達物質の生成に関わり、うつ病の他、月経前症候群(PMS)に効果があるとされ、注意欠陥・多動性障害(ADHD)や、記憶の減退の治療に使用されています。

食品では、豆類、トマト、アボガド、胚芽米、ほうれん草などに含まれます。

ビタミンB9

B9(葉酸)は特にうつ病との関わりがあるとされ、中程度の症状の人に特に効果的だと言われます。人の成長や正常な脳神経機能に欠かせない栄養素で、特に妊婦に必要とされます。

食品では、レバー、モロヘイヤ、春菊、豆類、ほうれん草などが含んでいます。

ビタミンB12

B12が不足すると、記憶力の低下、認知症に繋がるとされ、疲労感、動悸、食欲不振、吐き気、下痢などの症状も起こります。

主に動物性食品の肉、魚、卵、チーズ、ヨーグルト、牛乳に含まれています。他にB1は中枢・末梢神経の働きを正常化し、食品では玄米、ごま、大豆、豚ロース肉などに含まれます。

また、砂糖の取り過ぎによってビタミンB不足に陥ることがあるので要注意です。B群は、砂糖だけでなく、ニコチン、カフェイン、アルコール、精製されたデンプンの摂取によって消費されます。

栄養を体に溜めておけない

ビタミンB群は水溶性であるため、体内に貯蔵することが出来ません。そのため毎日の食事から栄養素を摂取する必要があります。

食事から難しい場合はサプリメントもうまく利用して毎日摂取することが大切です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ