うつの気分を晴らす方法ベスト3は?

うつを晴らすうつのときはなんでもやる気もでませんよね。しかし調子がいい時に、気分が晴れることをするのも大切です。

「憂鬱な気分を晴らすのに何をしますか?」というアンケートで、美味しい物を食べるという回答が1位でした。やはり美味しい物を食べるとそれだけで幸せな気持ちになりますよね。

美味しいものを食べて気分転換

うつのときはただでさえ、食欲が低下してしまいます。人気のお洒落なカフェなど雰囲気を重視したお店に行くと気分転換になります。自分のお気に入りのお店でゆっくりすごす時間は気持ちを癒してくれます。

体を温めると気分が晴れる

それに、お風呂・サウナに行く事、運動する事と続きます。うつの原因の一つに体の冷えがあげられています。温泉施設でゆっくり、広い湯船につかると、体もあたたまり気分もよくなります。露天風呂や眺めがいい山間の温泉に行っても、気分が晴れたりするのでおすすめです。

運動すると脳内のセロトニンが活発に分泌されるので、うつの人は調子がいいときは無理しない程度に体を動かした方がいいです。セロトニンはうつに大きく関わってくる脳内物質です。運動すると体も温まり、血流もよくなります。

たまったストレスも発散させることができますが、がんばりすぎない程度でやめておきましょう。疲れすぎると逆効果になります。

そのほかは?

あと、寝る事、ショッピング、お酒を飲むと続きます。何といって疲れている時は寝るにかぎります。うつになる人は、真面目で几帳面でがんばりやさんな人が多いです。がんばりすぎた結果うつになるので、思い切って休養をとることが大切です。できるだけ質の良い睡眠がとれるようにしましょう。ショッピングやお酒は好きな人にはよい気分転換になります。しかし、両方とも依存してしまうこともあるので、節度をもちましょう。

友人と会っておしゃべりやカラオケを楽しむのもいいですね。人に会って、自分の近況や悩みを聞いてもらうとかなり癒されます。友人に負担にならないように深刻すぎる雰囲気はさけましょう。一緒にドライブに行くのも気分が晴れることです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ